fbpx

定年目前の50代後半、退職金400万円で今後やりくりしていくにはどうするべき?=山本昌義

手段はあるものの、どれをやるにも完全とはいいきれない…

さて、そのうえで大事なことなのですが『方向性を決めての集中的な準備』。やはり、これが大切でしょうね。

まず「簡単で安心・確実な方法」は存在しません…。そのうえで、今回の方向性は以下があるかと。

1:400万円は残し、夫婦で限界まで働く
2:400万円を使って、起業や投資をする
3:400万円を元手に、(地方・海外)移住する

ハッキリ言って、どれもがハイリスクといえます。

1は、亡くなる4年前までは働けない可能性が高く
2は、成功しない可能性も十分に高く
3は、移住先に馴染めない可能性も高いです。

他にもいろんなリスクが考えられますね。ただ、それぞれ夫婦の努力次第で希望も見出せます。

1は、少しずつでも貯金が増える可能性もあり
2は、相応に成功すれば人生大逆転
3は、より生活費を抑えられるかもしれません。

どれが正解、まだマシかは誰にも分かりません。時間的に、全ての可能性を抑えておくことも無理で一つに絞っても不十分な準備になる可能性も高いです。

しかしそれでも、このまま無策で定年を迎えるより最終的に生き残れる可能性は相応に高まるでしょう。

まずは節約に励みながら夫婦で十分に方向性を考え決めた後は、その準備に全力を注ぎましょう!

最後にちょこっと…、突然2,000万円とか言われてもムリ…。定年が差し迫った人ほど衝撃度も大きいですよね。貯金できてない人にとっては「未来の自分」かも…?

少なくとも、嘆いても過去も現在も変わりません。まずは冷静に「自分のいる状況」を理解し現状と、このままの未来を把握しましょう。

そして、方向性を決めて集中的な準備が必要です。何もしなければ、上で見据えた未来を迎えるだけ。どんな方向性・選択肢があるかは個々人次第ですが「今まで通り」の枠を外すと、案外あるものです。

もはや老後は高難度の強敵とさえいえますができうる限り備えて、幸せを続けましょう!

なお、想像以上に「何をしたらいいか」は難題かと。自分のことを客観的に見るのも難しいですよね。

image by:MAHATHIR MOHD YASIN / Shutterstock.com

【関連】なぜ日本人は社畜を続ける?違法な時間外労働、約半数が過労死ライン超え=鈴木傾城

【関連】「銀行は潰す」という国の政策で日本経済は崩壊へ。ゾンビ企業たちがいよいよ成仏する=矢口新

【関連】安倍首相「消費増税後10年は増税なし」は信用できぬ。金利が上がれば財政破綻へ=今市太郎

1 2

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』(2019年7月5日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~

[無料 週刊]
婚活中の方、ご成婚された方 こんにちは。婚活FP山本と申します。 昨今は空前の婚活ブーム! …引いては婚活が厳しい時代です。 ご結婚に至っても、3組に1組は離婚する時代。 大変な時代ですね。 ここでは、私が実際にお受けした相談内容を元に 男女の心理差や経済的な側面を主として なぜダメなのか?どうすれば良かったか?を分析し 実例として、皆様にお届けさせて頂きます。 なお、私は「現実的な結婚」を支援しています。 そして、実例は男女の本音が登場します。 このため、皆様の夢を打ち砕く内容も多いかと思いますが ご容赦の上でお読み頂き、ご活用下さい。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー