fbpx

定年目前の50代後半、退職金400万円で今後やりくりしていくにはどうするべき?=山本昌義

老後に2,000万円の用意が必要という話題が盛り上がりました。これを受けて、ご主人が間もなく定年を迎える50代後半の既婚女性からのご相談事例を紹介します。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

老後対策!手遅れからの起死回生の一手とは?

いきなり話題になった、老後必要な2,000万円必要という金額に困惑

今回は50代後半の既婚女性から、老後についてお話を頂きました。

イキナリ2,000万円と言われて困りました。どうしたらいいですか?」

本人はずっとパート扶養で年収100万円。旦那さんは年収500万円ながら、もうすぐ定年。一人娘は独身非正規、貯金は100万円もないとのこと。退職金約400万円で大丈夫と思っていたそうですが…。

いろんな意味で厳しいと言いますか…。何にせよ、全力で考えていきましょう!

今回は、特に若い方には参考として準備不足&定年目前時における現実的な対処法についてお伝えします。

さて、まず最初に『厳しい中でも冷静な自己分析は必須』という基本を実行しましょう。

この場合の自己分析とは、「このままだと将来どうなりそうか」と「自分には何があって、何がないのか」ですね。

まず、簡単に現状と今後の人生を計算すると世帯年収600万円=ほぼ年間支出600万円。定年で年収が半減すると世帯年収は350万円で年間250万円の赤字…退職金は2年持ちません

また仮に収入減で支出も同額下げられたとしても5年後は年金生活、額は2人で約250万円です。年100万円の赤字なので、退職金は4年で尽きます。

少なくとも、このままでは厳しいのが現実ですね…。

ただ一方、退職金400万円は救いの手といえます。また夫婦双方、少なくとも当面は健康な様子!他にも一部、武器にできそうな要素もありました!

「このままでは厳しい」のなら「厳しい未来に自分を合わせていく」ことが必要です。

ひとまず「今まで通りではダメ」と強く理解して必要な「変化」を受け入れる姿勢を持ちましょう。

Next: 今から準備をするとして、どんな対応策が考えられる?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい