fbpx

筆頭株主のヤフーが、アスクルの岩田社長に退陣要求…LOHACO事業売却を巡り株価は乱降下

オフィス用品通販大手のアスクルの岩田彰一郎社長に対し、発行済み株式の45%を持つ筆頭株主のヤフーが6月末、退陣を要求していた。このことが今朝公開の「マネー現代」で伝わり、アスクルの株価は朝からじわじわと上昇。さらに日経が、アスクルがヤフーに資本提携解消を申し入れたと報道して株価は乱降下した。

ヤフーが社長退陣を求めるに至った経緯として、2社で協力して立ち上げたLOHACO事業の売却を求めたヤフーに対し、アスクルがそれを拒否したのが原因とされている。LOHACO事業は改善しつつあるものの、7月3日にアスクルが発表した2019年5月期本決算ではまだ赤字を脱していない。

投資家の間では、先日ユニゾHDとHISの間で見られたような敵対的TOBの可能性も期待されている。

※参考:一体なぜ…? ヤフーとアスクルに経営権をめぐる騒動が起きていた!―マネー現代(2019年7月17日公開)

※参考:アスクル、ヤフーに資本提携解消を申し入れ ―日本経済新聞(2019年7月17日公開)

アスクル<2678> 5分足(SBI証券提供)

アスクル<2678> 5分足(SBI証券提供)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by : 編集部

Source:アスクル株式会社ヤフー株式会社

【関連】安倍政権が選択したリフレ政策は間違っていた?なぜ、なかなかインフレにならないのか=吉田繁治

【関連】ミニストップ、193店閉店で経営悪化が止まらない。もう取り返せない4つのしくじり=栫井駿介

【関連】株価大暴落はすぐそこ?参院選・消費増税ほかブラックスワンを招く8つの出来事=斎藤満

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい