fbpx

“ご都合解釈”に要注意!悪さに驚いた1月米雇用統計と注目すべき「相場の変化」

今後の見通し~3月のFOMCが1つのメドに

今後の展開ですが、原油相場の下落トレンドが継続している限り、相場が反転上昇というわけにはいかないと思いますので、引き続き軟調な動きが想定できます。

原油安によるドル安要因は米国にとってプラスだと思いますが、米国経済の先行き不安によるドル安は後ろ向きなものなので、評価は難しくなります。原油とドル円の動きと米国株の連動を見ながら判断する必要があるでしょう。

原油安と米国の先行き不安が重なることを考えれば、安値更新は十分想定できると思います。

年の前半は寒波による下押し要因もありますし、急落状況に応じて投資のチャンスには期待したいところです。

3月のFOMCでも追加利上げは怪しくなってきた気がしますが、利上げする、しないに関係なく、そこを重要な1つのメドとして、それまでにいい下落があれば投資できたらいいかなと思います。

そういえば、3月はECBの追加緩和期待もあります。

今年の相場は年初に思っていたとおり、波乱に満ちていると思いますので、焦らずじっくり見極めて、時間分散も意識していきたいと改めて考えています。原油の下値、ドル円の下値などを見ながら下値を探っていきたいところです。

【関連】さあどうするイエレン議長、押しても引いても市場大混乱の利上げゲーム

1 2 3

毎月分配投信の本当のこと のりたマガジン』(2016年2月7日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

毎月分配投信の本当のこと のりたマガジン

[月額842円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
投資信託での「経済投資」を確立!毎月分配型の知られざる凄さの情報発信で話題に!世界各国へ「投資信託」で投資する。専門家が気づいていない個人投資家しか分からない実践的なノウハウを紹介!専門家や機関投資家の意見は個人投資家には合いません。投資信託ってどれをいつ買う?いつ売る?リアルタイムの生実践だから役に立つ!業界初の投資信託TOOLを毎月配布。投資信託でどうやって儲けているのか、どうやったら儲けられるかが分かります

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー