fbpx

【8月米雇用統計】リスクオンモードの市場だが、先行指標ISMの弱い数字に警戒を=ゆきママ

今夜の想定レートは105.80~107.80円!下方向の値動きには警戒

先月に続いて、今夜も強い数字よりは弱い数字に警戒した方が良さそうです。先ほども書いたように、市場は強めの数字を織り込んでの値動きですから、弱い数字が出ると嫌気しそうです。

値動き想定としては、非農業部門雇用者数が+20万人近い数字、+18~20万人以上となれば、107円台後半を試すことになるでしょう。ただ、108.00円の節目をこなすなら、平均時給も事前予想値を上回るといったオプションが必要かと思います。

逆に非農業部門雇用者数が予想を下回る、+15万人未満の数字となれば、再び106円台の値動きに押し留められそうです。+10万人を割り込む2桁未満の伸びとなれば、105円台への差し込みも期待できるでしょう。

図2:ドル円(日足)チャート

図2:ドル円(日足)チャート

これらのことを踏まえた上でトレード戦略について考えると、やはり発表前に107円台にあるなら、軽くショートしておいても良いのかなと。

ADPは強めの数字となりましたが、ISMは製造業・非製造業を問わずに過去2~3年ぶりの低水準となっていますから、市場が考えているほど強気にはなれませんからね。

もし、予想を上回った場合は即損切りして様子見でしょう。リスクオンの流れが続く可能性はありますが、週末なので無理をせず

予想を下回った場合は利食い場を探すことになりますが、+10万人割れのように大きく下回らなければ下値模索の値動きも出にくいでしょうから、この場合も発表直後の初動で決済することを意識しましょう。

有料メルマガ好評配信中! 初月無料です

【関連】後に引けない東京五輪。トイレ臭水泳会場、遊泳禁止も「条例変更」で強引開催へ=ら・ぽ~るマガジン

【関連】電通が目論む「情報銀行」構想の衝撃、個人情報保護よりも「活用」重視の恐ろしさ=岩田昭男

【関連】文在寅に突き刺さる2つのブーメラン、側近スキャンダルと反日煽り過ぎで支持率急降下=勝又壽良

image by : Boiko Olha / Shutterstock.com

1 2

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2019年9月6日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」

[月額1,980円(税込) 毎週日曜日]
ゆきママの視点から、毎週の為替相場見通しやチャート分析、トレードアイディアなどを提供します。解りやすい解説を心がけていますので、ぜひ初心者の方もお読みいただければ幸いです。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー