fbpx

韓国・文政権「反日続けば選挙で勝てる」は大誤算、止められない経済崩壊で大敗へ=勝又壽良

チョ・グク法務部長官の疑惑が選挙を左右する

韓国総選挙でほかに問われるべきテーマは、チョ・グク氏の法務部長官の疑惑です。

今後の捜査がどう進むか予断を許しませんが、多くの疑惑を抱える法務長官の適性が総選挙の争点になるでしょう。その際、与党と野党の支持率がどう分かれるか。それを占うのは、法務長官任命直後の世論調査結果です。

世論調査で、「チョ・グク氏に反対」の意思を示した人たちは、どういう層だったのか見ておきます。

自由韓国党(95.5% )
無党層(66.7%)
保守層(76.4%)
中道層(55.1%)

60歳以上(65.4%)
50歳代(52.3%)

大邱・慶北(61.2%)
釜山・蔚山・慶南(55.7%)→文氏とチョ・グク氏の出身地
京義・仁川(51.0%)

文在寅氏は、大統領選の得票率が41%でした。これが、基礎票とされています。市民団体と労組が有力基盤です。だが、選挙は基礎票だけでは勝てないことも事実です。無党派や中道派を味方に引き入れた陣営が有利になります。

そこで、注目すべきは無党層・保守層・中道層が、野党側の支持に回っていることです。

経済最悪なら与党が不利

決め手は経済情勢でしょう。

マイナス物価と高失業率の政権与党が、いくら「反日」「克日」「排日」を訴えたところで、最後は日々の暮しがポイントになります。

そうなれば、与党が不利という見通しが出てくると思います。与党敗北となれば、文大統領はレームダック化します。反日騒動は一段落する可能性も出てきます。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】文在寅に突き刺さる2つのブーメラン、側近スキャンダルと反日煽り過ぎで支持率急降下=勝又壽良

【関連】韓国、無年金者が54.1%の衝撃。文在寅政権の反日と税金ばら撒きで自滅していく=勝又壽良

【関連】訪日自粛で韓国の2大航空会社が倒産危機、セルフ経済制裁で国ごと沈んでいく

<初月無料購読ですぐ読める! 9月配信済みバックナンバー>

※2019年9月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2019年9月配信分
  • 韓国景気は長期停滞、来春総選挙で与党敗北し文氏のレームダック(9/12)
  • 長期停滞覚悟の中国、貿易戦争の影でバブル後遺症整理に着手(9/9)
  • 日韓・米韓でヒビ割れの韓国外交、デフレ突入で労組もストなしと「全土緊張」(9/5)
  • 文在寅の内憂外患 側近スキャンダルと日韓危機で経済不安が深刻(9/2)

いますぐ初月無料購読!

image by:korea.net at Wikimedia Commons [CC BY-SA 2.0], via Wikimedia Commons

※本記事は有料メルマガ『勝又壽良の経済時評』2019年9月12日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。当月配信済みのバックナンバーもすぐ読めます。

【関連】後に引けない東京五輪。トイレ臭水泳会場、遊泳禁止も「条例変更」で強引開催へ=ら・ぽ~るマガジン

【関連】ミニストップ、193店閉店で経営悪化が止まらない。もう取り返せない4つのしくじり=栫井駿介

【関連】損保ジャパン4000人削減で最悪の労働搾取モデルが完成。業務自動化で年収250万減へ=今市太郎

1 2 3 4 5

勝又壽良の経済時評』(2019年9月12日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

勝又壽良の経済時評

[月額864円(税込)/月 毎週木曜日(年末年始を除く)予定]
経済記者30年と大学教授17年の経験を生かして、内外の経済問題について取り上げる。2010年からブログを毎日、書き続けてきた。この間、著書も数冊出版している。今後も、この姿勢を続ける。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー