fbpx

ドル円は上昇局面へ?転換条件は107円80銭を超えること~各通貨ペンタゴンチャート分析=川口一晃

ポンド/円 節目での攻防

191007pondO16

<先週の動き>

上値の重たい展開が続くのか否かがポイントになっていた。すなわち、下値の節目であるBDラインで下げ止まることが出来るのか否かに注目した。BDラインを割り込むことはなかったのだが、B点が位置する時間帯以降も上昇することなくBDライン上で推移している。
次の注目日は10月16日前後である。

A点水準:約142円50銭
B点水準:約132円
C点水準:約125円

<今週のポイント>

・下値支持線であるBDラインを維持することが出来るのか否かがポイントになる。このBDラインを割り込むと下値を試す動きになることから、CDラインに引き寄せられるであろう。

・先週末に到達したC点が位置する時間帯に同事線が出現していることから、週明けの動きには要注意である。

<現在の相場状況>

(基本のポジションとロスカットを含めた転換価格を提示)
下落トレンドの下落局面である。上昇局面への転換価格(買いシグナル及びロスカット)は、終値で133円80銭を超えることである。

<今週のメインシナリオ>

上値の重たい展開が続いている。ペンタゴンのど真ん中の時間帯にあたるA点以降も下落が続き、B点が位置する時間帯を通過した後も下げ止まることがない。また、上値抵抗線ADラインも控えているからだ。この場合、130円を割り込むことが考えられる。

<サブシナリオ>

堅調な展開に移行する可能性も残っている。BDラインが下値支持線として
存在している。しかもC点が位置する時間帯の先週末にはBDライン上で
同事線が出現しているからだ。
この場合、135円を窺う動きが期待出来よう。

【関連】9割の負け組トレーダーが陥っている「ローソク足」の見えない呪縛-PR-


※本記事は『☆ペンタゴンチャート分析<為替編>』(2019年10月6日号)の一部抜粋です。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】9割の負け組トレーダーが陥っている「ローソク足」の見えない呪縛-PR-

【関連】100歳まで病気でも貧困でも「生かされる」地獄、生活保護の半数以上が高齢者=鈴木傾城

【関連】消費増税を誤認する日本人~無意味な買い漁り続出で一億総「情報弱者」社会へ=今市太郎

1 2 3

☆ペンタゴンチャート分析<為替編>』(2019年10月6日号)より

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

☆ペンタゴンチャート分析<為替編>

[月額10,780円(税込) 毎週日曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
米ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円などを話題のペンタゴンチャートで毎週分析します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい