fbpx

高値圏に3本の小さな陰線が並ぶ「三羽烏」は、上へ抜けそうで抜けない天井のサイン=清水洋介

日本古来のテクニカル分析「酒田五法」に見られるような法則は、どういう心理状態で形成されるのかを検証。今回売りサイン「三羽烏(黒三兵)」をご紹介します。(『資産運用のブティック街』清水洋介)

【関連】まだまだ上昇する…はずが?参加者の不安なきもちを表す、天井圏の三川「宵」の明星=清水洋介

筆者プロフィール:清水洋介
大和証券、外資証券会社、外資系オンライン証券会社などを経て、証券アナリスト「チャートの先生」としてテレビ・雑誌等に登場し、また、現役ディーラーとしても日々相場と対峙する。 講演を行う一方、2014年5月に株式スクールを開校するなど投資に関して幅広い分野で活躍。著書:ローソク足と酒田五法(パンローリング)など多数。

じょじょに上値を切り下げながら、小さな3本の陰線を引く

酒田五法(その5):三羽烏-烏が飛ぶと下落する?

「天井」を形成する典型的なパターンとして「三羽烏(黒三兵)」といわれるものがあります。大きな陰線で天井を形成するのは心情的にもわかり易いのですが、小さな陰線でも3本も続くと結局は大きな陰線と同じ、ということなのです。それも3日も続くということは「明日は戻るかな」と3日間も期待した後に「もうダメだ」と大きく下落を始めると言うことなのです。

以下の図をご覧ください。

gazou1

図1.の上段は前回と同じく日経ジャスダック平均の日足チャートです。図の赤い丸でちょっと変則ですが、小さい陰線を3本引き「三羽烏」が出現しています。このときの市場の心境を考えると毎日毎日高値を抜けそうで抜けない、と言うような心境で、徐々に上値を切り下げるような格好で毎日陰線を引いていたわけです。そして、青い矢印が決定的な陰線となって、長期下落相場の始まり、つまり投資家が嫌気して売り急ぐ動きとなったのです。

因みに青い丸で囲った部分も高値圏(その時の「高値」と言う意味)で陰線を3本引いているのですが、大きな陽線(赤い矢印)を引いたことで「ダマシ」が確認されてしまったのです。また、桃色の丸で囲んだところは3本目の陰線(紫色の線)が少し大き目で結果的には「三羽烏」と同じ結果であり、その時の心理状態も「三羽烏」形成時の心理と同じだとは思いますが、「三羽烏」というよりは「二羽烏」(実際にこういう言い方はありませんが)と大きな陰線という感じです。

図1.の下段はあまり良い例が見つからなかったので、厳密には「三羽烏」ではないのですが、心理的には同じようなイメージなので、ご紹介します。赤い丸で囲んだ部分で最後の陰線が少し大きすぎ真ん中が寄り引け同事線となっているのですが、心理的には「毎日毎日上値が重く、高値が抜け切れない」という感じです。そうするとちょっとした売りで一気に値を崩すことも多く、大きな下落の始まりとなることが多いのです。

綺麗な形ではなかなか出現しない形ですが、「上値の重さに嫌気して」売ってしまおうという心境はなんだかわかるような気がします。

(※ご注意:投資判断はご自身で行ってくださるようお願いいたします。当講座は投資判断力を強化することを目的とした講座で投資推奨をするものではありません。当講座を基に行った投資の結果について筆者及びインテリジェント・インフォメーション・サービスは責任を負いません)

【関連】酒田五法はNYダウにも通用する?「三川宵の明星」で底打ちを表すパターンを検証=清水洋介

【関連】三度目の正直、仏の顔も三度まで…3回も下値を確認したら大丈夫。三尊底の投資家心理=清水洋介

【関連】テクニカル分析は市場心理を読むべし。三尊天井が形成される投資家心理とは?=清水洋介

image by : Shannon Heryet / Shutterstock.com

資産運用のブティック街』(2019年10月8日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

資産運用のブティック街

[月額550円(税込) 毎月第1火曜日・第2火曜日・第3火曜日・第4火曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
資産運用は一部の人々の特別な関心事ではなくなりました。「資産運用のブティック街」はじっくり腰を落として、資産運用の柱というべき株式投資を学ぶ講座です。株式投資を真に身に付けるには以下の3つの要件が欠かせません。(1)中立の立場で提供(2)実務の専門家(講演の専門家ではない)による講義(3)もれのない体系だった講座当講座は大手経済新聞社OBを中心に、ファンドマネージャー、チャーチストが集結してこれら3つの要件を満たす学習講座を提供いたします。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい