fbpx

ついに中国発「コロナ・ショック」が金融市場を直撃、世界同時株安へ=原彰宏

習近平強権体制の弱点があらわになった

まさに、ウイルス感染拡大なんてことは、相場予想では誰もが想定していないことだけに、ただただ情勢を見守るだけです。まさに想定外です。

しかも、新型肺炎に対する地方政府の後手後手にまわる対応は、習近平強権体制の弱点をあらわにしたという指摘もあります。

武漢市では全国の地方政府幹部集会が7~17日に開催されていました。そこで地方当局が冷静を装い公表が遅れたとの指摘もあります。

市内の病院には、「感染ゼロ」の「目標」が下知され、「未達」だと病院事務長が解雇される懸念もあり、看護師たちが感染事例報告をためらったとの報道も市場には流れているそうです。

今回ばかりは、習近平政権も、「外国分子による陰謀」などに責任転嫁はできず、自身の求心力もそうですが、中国経済に多大な影響が出ることは、まさに、香港や台湾情勢で頭が痛いときに、もう「踏んだり蹴ったり」という感じではないでしょうかね。

習近平氏の踏ん張りどころでしょう。

金融危機は近い?

この「コロナ・ショック」が中国経済にどれほどの影響をもたらすのか、これから出てくる経済指標がすごく心配です。特に個人消費の落ち込みは避けられないでしょう。

おりしも米国市場は、過去最高値水準にあり、かなりの高値警戒感が、エネルギーとして内在しています。

さらなる新型ウイルス拡大報道が強まるとか、あるいは、中国経済失速を示唆するような経済指標結果が出るようなことがあれば、ヘッジファンドにとっては、格好の利益確定の口実となるのではないでしょうか。

当面のマーケット好調さとは裏腹に、いつでもドスンと行くエネルギーが貯まっていると踏んだほうが良さそうですね…。

続きはご購読ください。初月無料です<残約7,600文字>

【関連】消費増税で中小企業の倒産加速。これが安倍政権の言う「企業の新陳代謝」なのか?=らぽーる・マガジン

【関連】東京五輪のために我慢しろ?2分に1回、都心上空で騒音を出す羽田「新ルート」=ら・ぽ?るマガジン

【関連】日銀が上場企業の5割で大株主の異常さ。株価が下がれば日本は大変なことになる

<初月無料購読ですぐ読める! 1月配信済みバックナンバー>

※2020年1月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年1月配信分
  • らぽ~る・マガジン 第401号(2019.1.27)「コロナ・ショックのマーケット」(1/27)
  • らぽ~る・マガジン 第400号(2019.1.20)「1月25日は旧正月になります…」(1/20)
  • らぽ~る・マガジン 第399号(2019.1.13)「松の内もあけてやっと正月気分も抜けた頃ではないでしょうか…」(1/13)
  • らぽ~る・マガジン 第398号2(2019.1.10)「寒中お見舞い申し上げます…」(1/10)
  • らぽ~る・マガジン 第398号(2019.1.6)「あけましておめでとうございます…」(1/6)

いますぐ初月無料購読!

image by:MIA Studio / ShutterStock.com

※本記事は、らぽーる・マガジン 2020年1月27日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】なぜAmazonは中国製の粗悪品だらけになった?日本人を狙い撃ちする中国留学生マニュアル=鈴木傾城

【関連】富裕層以外は死ぬまで働け。少子高齢化の加速で、2020年には女性の半数が50歳超えへ=鈴木傾城

【関連】天才投資家ジム・ロジャーズが日本人に警告「年金はあてにするな。早く海外へ逃げろ」=花輪陽子

1 2 3

らぽーる・マガジン』(2020年1月27日号)より一部抜粋
※タイトル、本文見出し、太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

らぽーる・マガジン

[月額330円(税込) 毎週月曜日]
絶対に知るべき重要な情報なのに、テレビなどが取り上げないことで広く知らされていないニュースを掘り起こし、また、報道されてはいるけどその本質がきちんと伝わっていない情報も検証していきます。情報誌は二部構成、一部はマーケット情報、マーケットの裏側で何が動いているのかを検証。二部では、政治や時事問題、いま足元で何が起こっているのかを掘り下げていきます。“脱”情報弱者を求める人、今よりさらに情報リテラシーを高めたい人はぜひお読みください。CFP®資格の投資ジャーナリストが、毎週月曜日にお届けします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー