fbpx

震え上がる金正恩、ソレイマニ司令官殺害でわかった米国「北朝鮮つぶし」の本気度=江守哲

北朝鮮情勢は静かですが、水面下で粛々と打ち合わせが進んでいるようです。米軍によるイランのソレイマニ司令官殺害を見て、金正恩氏は内心は震えています。(江守哲の「ニュースの哲人」〜日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ

【関連】税務署員は皆やっている!「扶養控除」で税金を裏技的に安くする方法=大村大次郎

本記事は『江守哲の「ニュースの哲人」〜日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ』2020年1月24日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:江守哲(えもり てつ)
エモリキャピタルマネジメント株式会社代表取締役。慶應義塾大学商学部卒業。住友商事、英国住友商事(ロンドン駐在)、外資系企業、三井物産子会社、投資顧問などを経て会社設立。「日本で最初のコモディティ・ストラテジスト」。商社・外資系企業時代は30カ国を訪問し、ビジネスを展開。投資顧問でヘッジファンド運用を行ったあと、会社設立。現在は株式・為替・コモディティにて資金運用を行う一方、メルマガを通じた投資情報・運用戦略の発信、セミナー講師、テレビ出演、各種寄稿などを行っている。

交渉は米大統領選直前までおあずけ? 金正恩のイライラは続く…

クリスマスプレゼントと誕生日プレゼントを巡る牽制合戦

北朝鮮情勢は静かですが、水面下で粛々と打ち合わせが進んでいるようです。

オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は、米政府が北朝鮮に協議再開を打診したことを明らかにしています。

一方、北朝鮮は、トランプ大統領が韓国高官に託した金正恩朝鮮労働党委員長への誕生日メッセージを受け取ったことを確認したうえで、「金委員長とトランプ大統領の個人的関係が、協議再開に結びつくわけではない」とけん制しています。

オブライエン氏は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が、かねて警告していた「クリスマス・プレゼント」を実行していないのは「前向きな兆候」とし、「われわれは北朝鮮にすでに接触し、昨年10月初めにストックホルムで行った協議を継続したい意向を伝えた」としました。そのうえで、「協議を再び軌道に乗せたいという意向を、さまざまなルートを通じて打診してきている」としています。

しかし、米国家安全保障会議(NSC)は明確なメッセージを出していません。

交渉が難航していることの証左でしょう。

一方、ワシントン訪問を終えて帰国した韓国大統領府の鄭義溶・国家安保室長は、「トランプ大統領から金委員長への誕生日メッセージを託され、送った」と明らかにしています。

トランプ大統領は、金委員長との良好な関係をテコに18年、19年と非核化協議を推進しましたが、実務レベルでは溝が深く、協議は停滞、北朝鮮の核軍事力への新たな懸念が浮上しています。

北朝鮮の朝鮮中央通信(KCNA)は、金委員長へのトランプ大統領からの誕生日メッセージを受け取ったことを確認したうえで、「米朝首脳の個人的な関係は非核化協議を再開するには不十分」とする金桂冠外務省顧問の声明を報じています。

1年半にわたる米朝交渉は無駄だった?

金顧問は声明で、「金委員長は個人的にトランプ氏を好きかもしれないが、個人的感情を基に国を率いることはない」とし、「金正恩委員長はトランプ氏に対し個人的に良い感情を持っているが、それは文字通り個人的なものだ」としています。

そのうえで、「われわれはこれまで米国に裏切られてきた。1年半あまりにわたり交渉に関わってきたが、われわれにとっては失われた時間だ」との認識を示しています。

そのうえで、19年2月のハノイ会談でトランプ大統領が提示した提案などについて「協議するつもりはない」とし、協議再開は米国の譲歩が条件としの立場を明確にしています。

しかし、米国とイランの緊張が続く中、北朝鮮は事態の推移を注視しつつ、対米戦略を探っているようです。

Next: ソレイマニ司令殺害を見て震える北朝鮮。米韓両軍の「斬首作戦」が進行中?

1 2 3 4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー