fbpx

震え上がる金正恩、ソレイマニ司令官殺害でわかった米国「北朝鮮つぶし」の本気度=江守哲

交渉は米大統領選直前までおあずけ?

北朝鮮はこれまでの非核化協議で、「米国が駐韓米軍を撤退させ、韓国と日本における米国の核の傘を撤去することで安全保障上の保証を与えるのであれば、北朝鮮が核兵器を持たないことを検討する」としてきました。

また、朝鮮戦争(1950~53年)は休戦状態との認識であり、北朝鮮と韓国は厳密には依然として敵国関係にあります。

18年に韓国で開催された冬季オリンピックの後に関係が修復し始めたものの、それまでは北朝鮮は韓国の主要な同盟国である米国を破壊すると脅かしてきました。北朝鮮は依然として中国・ロシアとの関係を維持しつつ、両天秤に掛けながら米国にゆさぶりをかけています。

米大統領選挙が11月3日にあります。ここに向けて、外交成果をどのように出していくのか。

トランプ大統領は上院での弾劾審議への対応や、EUとの貿易交渉で忙しいところです。しかし、いずれ北朝鮮問題は大統領選前に一定の結論を出すでしょう。

それまで、金委員長はイライラいさせられることになりそうです。

続きはご購読ください。初月無料です<残約3,900文字>

いまの国際情勢〜イラン情勢は沈静化していない

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

<初月無料購読ですぐ読める! 1月配信済みバックナンバー>

※2020年1月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年1月配信分
  • 「イラン情勢に焦りを見せる北朝鮮」(1/24)
  • 国際情勢は年明けから波乱の展開(1/10)

いますぐ初月無料購読!

image by:The Presidential Press and Information Office at Wikimedia Commons [CC BY-SA 4.0], via Wikimedia Commons

本記事は『江守哲の「ニュースの哲人」〜日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ』2020年1月24日号の一部抜粋です。全文にご興味をお持ちの方はぜひこの機会に、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込880円)。

2019年12月配信分
  • 「国際情勢は来年も混とん」(12/27)
  • 「米国の覇権が維持できるか」(12/13)
  • 【まぐまぐ】年賀状キャンペーン期間延長のお知らせ(12/1)

2019年12月のバックナンバーを購入する

2019年11月配信分
  • 米国の香港介入と英国の存在(11/22)
  • 【号外】江守哲から届く年賀状キャンペーンのお知らせ(11/20)
  • 「問題だらけのトランプ政権の行方」(11/8)

2019年11月のバックナンバーを購入する

【関連】消費増税対策のポイント還元「効果ナシ」が6割超えの衝撃。中小店舗の手間が増えただけ=今市太郎

【関連】なぜジム・ロジャーズは大韓航空株を買った?日本を見限り、誰もが敬遠する国に賭けるワケ=花輪陽子

【関連】日本の貧困層は飢えずに太る。糖尿病患者の半数以上が年収200万円未満の衝撃=鈴木傾城

1 2 3 4

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

江守哲の「ニュースの哲人」~日本で報道されない本当の国際情勢と次のシナリオ

[月額880(税込) 毎月 第2金曜日・第4金曜日(年末年始を除く)]
このメールマガジンでは、国際情勢や国内外の政治情勢の「真の背景」を読み解きます。経済は政治で決まり、政治は国の組織が決めます。そして、すべてのことがシナリオに基づいて動いています。しかし、その舞台裏は意外とシンブルです。それらの「真の背景」を理解すれば、すべてが面白いように見えてきます。毎月第2・第4金曜日にお届けするこのメルマガでは、これまで世界各国の人間と仕事をしてきた経験と人脈から、マスコミが報じることができない独自の見解をお届けします。ビジネスマン、投資家、学生など、様々な立場のひとにとって有益な情報となるでしょう。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー