fbpx

新興市場銘柄ダイジェスト:中京医薬は急落、アルファクスがストップ高

マネーボイス 必読の記事



<6734> ニューテック 2022 +199
急伸。企業や産業機器ユースを主な対象とした小型NAS製品Ness4000シリーズを3月1日から販売開始すると発表している。小型デスクトップ型のNASでハードディスクドライブを4台まで搭載でき、冗長性や静音を実現したとしている。初年度は500台強の販売を予定しており、次年度の業績見込みに反映する予定。


<4558> 中京医薬 862 -136
急落。東証が19日から信用取引に関する規制措置を強化し、新規の売付及び買付に係る委託保証金率を50%以上(うち現金20%以上)としたことが嫌気されている。日証金も貸借取引自己取引分及び非清算参加者ごとの清算取次貸借取引自己取引分に係る貸借担保金率について、増担保金徴収措置を行った。


<3814> アルファクス 1050 +150
ストップ高。外食産業向け配膳AIロボット「ロボショット」を3月からリリースすると発表している。海外ではホテルルームサービスなどで配膳ロボットが活躍していることから、ホテル向けメディアオペレーションを手掛けるMビジュアルと共同開発した。アルファクスは外食産業の人手不足対策として、既にセルフレジや自動発注システムなどを提供している。


<7676> グッドスピード 1235 +50
大幅に3日続伸。メルカリ<4385>が主催する「メルカリ教室」の開催パートナーとして、3月6日から「グッドスピードMEGA  SUV知立店」の一部スペースを同教室の開催場所として提供すると発表している。メルカリ教室では、メルカリアプリの使い方を誰でも気軽に習うことができるという。開催場所の提供によって集客への波及効果が期待できるとの見方から買いが入ったようだ。


<4395> アクリート 929 +150
大幅に3日ぶり反発。NTTドコモ<9437>、KDDI<9433>、ソフトバンク<9434>の大手キャリア3社が提供する「+メッセージ」公式アカウントサービスを一元的に企業、自治体等に提供するサービス開始を発表。配信プラットフォームがリッチコンテンツとテキストを適切に選択して送信するため、送信先の利用状況を事前把握する必要がなくなる。3月以降パートナー企業によるトライアル受付を開始する。


<3323> レカム 104 +6
大幅に反発。100万株(1億円)を上限に自社株を取得すると発表している。発行済株式総数(自社株を除く)に対する割合は1.41%。取得期間は19日から3月18日まで。株主還元と資本効率の向上、経営環境の変化に対応した機動的な資本政策を遂行することが目的。自社株買いの発表に加え、前日に昨年来安値(98円)を付けており、押し目買いが入っていることも株高につながったようだ。

記事提供:

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー