fbpx

新型コロナ対応大失敗で167年ぶりの鎖国必至?世界が日本を避けはじめた=今市太郎

新型肺炎への対応大失敗で、すでに一部の国では日本を主要な新型コロナウイルス感染国と認識して、日本への渡航に関する注意情報を出し始めています。このまま行けば、日本は167年ぶりの鎖国状態に突入します。(『今市太郎の戦略的FX投資』今市太郎)

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年2月21日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバッグナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

「日本」という世界のリスク

横浜に停泊中のクルーズ船をめぐる政権と厚労省の対応の稚拙さが露見して以来、世界的に日本という国のリスク管理の在り方に大きな注目が集まっています。

すでに一部の国では日本を主要な新型コロナウイルス感染国と認識して、日本への渡航に関する注意情報を出し始めています。

ここからさらにこの感染が国内で全国に拡大した場合、海外の主要国からは不要不急の渡航を避ける、もしくは全面的に禁止する厳しい措置へと移行する可能性がきわめて高くなってきています。

さらに言えば、日本人が渡航することを制限するという厳しい国も出現しそうで、とうとう我が国は、世界の中で海外の国が出入国ともに禁止とされる状況が刻一刻と近づいているように見えます。

しかもこうした他国からの日本および日本人の出入国規制は、事実上、日本サイドがコントロールできない、それぞれの国が実施することを止めようのない状況ですから、かなり深刻です。

古い話ですが、国内における鎖国は江戸時代1639年に江戸幕府から海外渡航禁止令が出され、1853年に黒船が来航して現象的に禁止を解除せざるを得なくなったのはご存知の通り。

今回は、またしても海外諸国の判断で日本と日本国民が、実に167年ぶりに鎖国の危機に直面することになりそうで、非常にリスキーな状況が近づいています。

国が感染拡大を止められないと判断されれば即刻「渡航禁止」実施か

CDC(米疾病対策センター)は新型コロナウイルスの流行に関連して、日本への渡航に関する注意情報を出しています。

現状の日本は、3段階のもっとも低い「レベル1」としています。中国本土についてはすでに3段階でもっとも高い「レベル3」に指定しており、不必要な渡航を避ける呼びかけをしています。

国によっては、渡航者の自由意思での日本への渡航を完全に禁止する可能性もありますし、逆に日本人が渡航して入国することを完全に禁止する可能性も否定できません。

すべてはここからの国内のウイルス感染と発症の拡大次第の状況です。

厚生労働省はすでに感染ルートが追えなくなっていることを口にしていますし、そもそも横浜のクルーズ船に同省の役人が出向いてみたらまんまと感染するという、紺屋の白袴もびっくりの状況を露呈しはじめており、もはや危機的な状況に直面していることがわかります。

経済損失はまったく算定できない状況

こうしたいわゆる鎖国状態というのは、戦後の近代国家になってから日本が1度も経験したことのないものです。

そのため、経済的な損失がどのくらい出ることになるのか、はっきりしません。

まずインバウンド消費は、2018年で4.5兆円で、2019年は5兆円に迫る金額となることが予想されていますので、期間次第ではこれのほとんどがなくなることが予想されます。

またビジネスの領域では、出張や相手国への駐在がうまくできなくなる可能性は十分にありそうで、業態と出国者の業務レベルで想定外の支障が発生することが予想されます。

さらに懸案事項になっている「東京オリンピック」の開催ですが、シンガポールではすでに気温30度でも特段ウイルスの感染が収まる勢いはまったく感じられないそうで、暖かくなればウイルス感染は収束するというのも、ほとんど希望的観測に過ぎない状況になりつつあります。

各国がそれぞれの国民に対して来日を規制するような動きに出れば、日本政府がいくら粛々と準備をして開催を目指すとしても、選手・観客ともに来日することができなくなる可能性は十分にありそうです。

現状の日本はすでに、政府のウイルス危機管理の稚拙さがすべてに波及する、かなりクリティカルな局面にさしかかっているようです。

安倍政権の閣僚たちは、自ら積極的にイベントに参加したり宴会に出席するなど、能天気な状況を継続中です。

世界が見守る日本政府の対応は、想定をはるかに超えるほど厳しい状況のようです。

為替では、明確に日本のリスクを勘案して、リスクオフの円売りも示現しはじめています。

ここから安倍政権の運営するほとんど泥船状態のこの国は、いったいどうなってしまうのでしょうか?

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】春から日銀以外は日本株を買わなくなる?よりによってなぜ今「改正外為法」施行なのか=今市太郎

<初月無料購読ですぐ読める! 2月配信済みバッグナンバー>

※2020年2月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2020年2月配信分
  • 新型ウイルス感染対応大失敗で167年ぶりの令和の日本鎖国必至(2/21)
  • 為替相場にとうとう示現した悪い日本売り~市場は安倍首相の破滅的低俗運営を直視、低評価(2/21)
  • トルコリラのスワップ取引リラ買いに要注意のお知らせ(2/20)
  • 新型肺炎の影に隠れて騒ぎにならない消費増税の大失敗~本邦は自律的に経済大崩壊に直面(2/20)
  • 横浜クルーズ船への完璧な誤対応で世界的に猛烈な非難を浴びる安倍政権(2/20)
  • 官僚の政権忖度と自滅的劣化がこの国を低レベル高リスク国へと押しやる結果に(2/19)
  • 中国新型肺炎のもう一つのリスク~インフレが顕在化すればFRBの緩和政策はとん挫し相場は大きく下落の恐怖(2/18)
  • WHOから世界で一番心配する国と指摘された日本~このまま肺炎発症まん延となった時の経済的ダメージを想定する(2/17)
  • 新型肺炎国内爆発的感染リスク急上昇~政権・政府は本当にこれに対応できるのか(2/14)
  • 本邦財務省の目論見をそのまま代弁するIMF~この組織本当に信用できるの?(2/14)
  • ウイルスリスク無視で突っ走るS&P500~だが過去の取引ベースから考えると暗雲も(2/13)
  • 一般教書演説でトランプ原稿ひっちゃぶきのヒステリー婆さんペロシ・トランプ再選に大貢献か(2/12)
  • 偽装・改ざん・隠蔽・理解不能説明の史上最悪安倍政権下で起きる武漢肺炎を国民は果たして乗り切ることができるのか?(2/11)
  • アベノミクス完全終了のお知らせ~中国武漢肺炎で本邦リセッション入り確定(2/10)
  • 配送順番と時間ばらつきに関するお詫び(2/7)
  • 確定申告の準備をする人は安倍首相の国会答弁を見ないほうがいいこれだけの理由(2/7)
  • 悲報・春が来る頃日本株を買う奴は日銀以外いなくなるというお知らせ(2/7)
  • Tencentが一時的に開示した驚愕の新型ウイルス死亡者数は事実か?~Taiwan Newsで報道(2/6)
  • チャーター機帰国法人のウイルス感染率1.416%に中国人が驚愕~武漢のリアルな感染率は一体いくらなのか?(2/5)
  • 新型肺炎で中国GDP急低下か?本邦GDPはトータルでマイナスのリスクも(2/4)
  • 3日上海市場大暴落に厳重注意(2/3)
  • もっとも媚びる野郎と馬鹿にされたが馬鹿じゃない?安倍首相に対するトランプの態度もあからさまに登場する暴露本が超面白い(2/2)

いますぐ初月無料購読!

image by:Maria Sbytova / Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『今市太郎の戦略的FX投資』2020年2月21日号の抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバッグナンバー含め初月分無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】Amazonは日本を植民地にする?商店街を叩き潰したイオンも楽天も駆逐されていく=鈴木傾城

【関連】新型肺炎はカナダで作られた?2つの有力説を検証してわかった生物兵器説より恐ろしい事態=高島康司

【関連】日本の年金、世界格付け37か国中31位の最低クラス。若者の未納が止まらず窮地=今市太郎

【関連】損保ジャパン4000人削減で最悪の労働搾取モデルが完成。業務自動化で年収250万減へ=今市太郎

今市太郎の戦略的FX投資』(2020年2月21日号)より抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

今市太郎の戦略的FX投資

[月額880円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日]
個人投資家がもっと得難いファンダメンタルズを徹底的に集めテクニカルで売買チャンスを探るFX投資家のためのメールマガジンです。土日を覗く平日毎日の配信となりますので、確実に日々の売買に役立てることが可能です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー