fbpx

高輪ゲートウェイ駅がダサい?最新技術を詰め込むも、案内板に散々な評価

日本経済新聞NHKなどによると、JR東日本が9日、山手線の新駅として今月14日に品川駅と田町駅の間に開業する「高輪ゲートウェイ駅」の内覧会を行い、報道陣に公開された。

日本経済新聞によると、山手線の新駅開業は日暮里以来49年ぶりで、駅舎の設計は有名建築家の隈研吾氏が担当。「和」が意識されたデザインの新駅をJR東日本は「未来の駅」と位置付け、無人コンビニエンスストアを設置したり、QRコードで通過できる新型の自動改札機を導入したり、周辺施設や路線の乗り換えを人工知能(AI)で案内するロボットを試験的に導入していると伝えている。

しかし、報道で案内板のフォントに目を留めた人が呟いた「なんで明朝体にした!言え!」というツイートに共感の声が集まり、「新駅・高輪ゲートウェイ駅の案内板がひどい。とにかくひどい。」と話題に。スマートな「未来の駅」の案内板が、「ダサい」「理解不能」「パチモン臭い」「安っぽい」「見にくい」と酷評される事態になっている。

鉄道で使われるフォントは、視認性・可読性の高い「新ゴシック体」が使われていることが多い(mitok)が、なぜ高輪ゲートウェイ駅には明朝体が使われることになったのか、気になるところだ。NHKは、JR東日本事業創造本部の三輪美恵部長の「「高輪ゲートウェイ駅は“やってみよう”というコンセプトのもと、AIを活用した新しい取り組みにチャレンジしている」という話を紹介しているが、案内板についても「やってみよう」と新たなフォントにチャレンジしたということか。

駅周辺の開発を進め、2024年に街全体の本格開業を目指すという高輪ゲートウェイ駅。一風変わった案内板は、ある意味街の見ものになるのかもしれない。

Next: 「日本感を勘違い?」未来の駅の案内板に散々の評価

1 2
いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー