fbpx

新型コロナで結婚観に異変? 自営業の彼氏との結婚に踏み切れない女性たち=山本昌義

新型コロナの影響で、特に自営業の方は経済的に大打撃を受けています。このご時世、「自営業の彼氏と結婚してよいのか?」と、婚活FPの私のもとに相談が来ました。(『婚活FP山本の実例分析書 〜運命の出会い、その先を見据えて〜』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

コロナで苦しむ自営の彼と結婚すべきか?

婚活ファイナンシャルプランナーとして活動する私のもとに、30代前半の独身女性から「彼氏について」の相談を頂きました。「このまま彼と結婚していいのか不安になった。どうしたら?」という内容です。

何でも、彼氏は自営の飲食店経営者で、このコロナ騒動で大打撃を受けたとのこと。

ちなみに相談をくれた当人は年収400万円の会社員で、交際は1年ながら結婚を考えていたそうです。

ついに来た…という感じの内容ですね。ぜひ、ここは冷静に考えてみましょう。

今回は「自営の方との結婚」について、建設的な考え方をお伝えします。

会社員だって不安定な時代

さて、まずは「これは自営の方との結婚の宿命」という、基本中の基本は理解しましょう。

そもそも、自営業は水物です。飲食店なら流行り廃りもあり、なおさらといえます。

そういう方と結婚すれば、良い時もある反面、悪い時にも運命を共有するのが実情です。

仮に今回のコロナ騒動を乗り切れたとしても、またいずれ同様の事態は起こりえるでしょうね。

ただ……では普通の会社員なら安全かといえば、もはやそうとも言えない時代になりました。

働いても働いてもなかなか年収が上がらないばかりか、最近では大手でも40代でリストラ対象です。

仮に運よく定年まで残れたとしても、その後の仕事や収入に困るのが会社員になります。

Next: 少なくとも、今まで普通に経営できていた様子。飲食店は3年で7割が廃業――

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー