fbpx

米失業保険申請664万件で失業率10%超え目前。突飛な数値よりも意味に着目せよ=高梨彰

全米の新規失業保険申請件数が660万件に急増。前週から2倍となりましたが、つい最近までは20万台でした。数字の大きさに驚くだけでなく、意味を考えてみましょう。(『高梨彰『しん・古今東西』高梨彰)

※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2020年4月3日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:高梨彰(たかなし あきら)
日本証券アナリスト協会検定会員。埼玉県立浦和高校・慶応義塾大学経済学部卒業。証券・銀行にて、米国債をはじめ債券・為替トレーディングに従事。投資顧問会社では、ファンドマネージャーとして外債を中心に年金・投信運用を担当。現在は大手銀行グループにて、チーフストラテジスト、ALMにおける経済・金融市場見通し並びに運用戦略立案を担当。講演・セミナー講師多数。

「突飛な数値」の意味を考える

本日4月3日夜には、アメリカの雇用統計が発表されます。

毎月のお祭り的イベントでして、突飛な数値が出ることもお約束。しかし、今回公表される3月分から暫くの間、思いっ切り突飛な数値が続きそうです。経済指標にも右往左往される季節にもなりそうです。

突飛な数値が出たとき、その値にただビックリしがちです。

でも、その数値がどんな意味があるのか、一つ一つ確認することがより大切です。

例えば、昨日、新型ウイルスの感染者が世界で100万人、犠牲者は5万人という推計が出て来ました。一方、東京では1日で97人の感染確認とのこと。

これらの数値がどれだけ大きいのか。そのためには「世界の人口」や「東京都の人口」を知ることが大切です。

大雑把に言えば、世界の人口は76億人、東京は1,400万人弱。

これらの値も見ておけば、「世界で100万人」も少しは客観視可能かと。少しだけですけど。

アメリカの新規失業保険申請件数「660万件」に急増

さて、全米の新規失業保険申請件数が660万件に急増したとのことです(編注:3月28日までの1週間で664万8,000件。これまでの過去最多は1982年10月の69万件で、リーマン・ショック後でも2009年3月の66万件が最多となっていました)。このデータは3月28日の週のものです。3月21日の週は330万件でした。

これだけ見ると、「おっ、2倍すごいな」となります。

しかし、1年前は21万件。と言いますか、つい最近まで20万台の数値が並んでいました。1年前の比較だと30倍超です。

では、660万件の新規申請件数は失業者全体からみると、どれくらいの多さなのでしょう。

というとこで、アメリカの労働者数、失業者数を過去の雇用統計等から持って来ます。

アメリカの人口3.3億人に対し、子供やお年寄りを除いた人口は2.5億人、労働力として計算される人口は1.6億人です。そのうち失業者数は600万人弱、失業率は3.5%(直近だと578.7万÷1.64億人)となっています。

この値はこのところ安定的でした。この中で、新規失業保険申請件数は20万ちょっと、ということです。

いきなり申請件数が660万件と、これまでの失業者数を超えてしまっています。この分がすべて失業者となっただけで、失業率は7%を超えます。

この傾向は始まったばかりです。そのうち10%を超えることもかなりの高確率。一方、これらの数値を予め並べておけば、突飛な数値に対する備えも可能です。

Next: ここで気を付ける点が2つあります。メディアの報道と、エコノミストの――

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー