fbpx

「2018年1月1日から世界金融危機が本格化する」著名コラムニスト予測の根拠

麻生大臣の不気味な発言「米国は1930年代の不況を戦争によって克服した」

さて、問題は、クルーグマン教授が公開したこのpdfファイルの中身です。

会合に同席していた麻生財務大臣が、恐ろしい発言をしているのです。それが、この部分です。

日本企業の稼ぎだす収益は過去最高に達しているのですが、しかし彼らは、それを設備投資へ支出しようとはしていません。

日本は、企業という部分では大きな収益が手元にあるのです。それは賃金上昇や、配当や、設備投資に使われるべきなのですが、企業はそれをしていません。現金や預金を手放そうとはしないのです。内部留保は積み上がる一方です。

1930年代のアメリカも同様の状況が起きたました。

この問題を打開したのは何だったのでしょうか?

戦争です!

第二次世界大戦が1940年代に起こり、それが米国にとっての解決策となりました。

おそらく、麻生大臣は、クルーグマン教授に「戦争を起こすことも選択肢としてはありうる」と言ってほしかったのでしょう。

クルーグマン教授は、麻生財務大臣の発言にやや憤慨したのか、「戦争は恐ろしい過ちだった。不況の大きな第二波を引き起こしたからだ。言うまでもなく、我々が求めているのは、戦争ではなしにそのようなことを達成するということである」と返しています。

日本側の大臣たちの発言からにじみ出てくるのが、「戦争を最終的な解決手段にしよう」という潜在的な願望です。大変、危険なことです。

Next: 「大本営発表」を取り戻すNHKの破れかぶれの洗脳番組

1 2 3 4 5 6

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい