fbpx

私がスイス・ユニオン銀行で目の当たりにした「為替介入」の現場=矢口新

「日銀によるレートチェック」の実際

日銀は外貨の出入り状況を日々チェックしているので、当社が提出した機関投資家相手の売買報告書の内容について、日銀の担当者から毎日質問を受けた。

キャリア職員のその人とは年齢が近く、毎日のことなので親しくなり、結婚披露宴にも招待して頂いた。東京湾でのクルーズを借り切った豪華なものだった。

それはともかく、日銀の市場介入は財務省の指示のもとに行われる

まずは、MOF担を通じてレートチェックが行われる。UBSでのMOF担はディーリング・ルームのNo2、日本人ではトップの人が行っていた。

レートチェックは、MOF担がマーケット・メイキングを行うスポットディーラーに尋ねるので、ディーリング・ルーム内の人間には分かることになった。

その時の円売り・ドル買いは、過去最大、年間の貿易黒字を上回る膨大な規模で、その後の160円までの戻しのきっかけとなった。

日本の貿易収支がドル円レートの長期トレンドに最も大きな影響を与える。2011年にドル円レートが底打ちしたのも、その年から貿易赤字に転じたことが主因だ。

もし今、介入できれば大きな効果が見込めるが

その貿易収支がほぼ均衡状態となっている。ここでの円売り・ドル買い介入は、投機筋のドルの買い戻しを巻き込み、大きな効果を上げることが見込まれる。

米国を含む、世界の主要国の通貨安競争から、日本だけが降りるのでなければ、市場介入で大幅な円安・ドル高(=インフレ率上昇)が期待できるのだが――

【関連】FX会社の企業秘密 顧客注文から利益を捻出する「カバー取引」あの手この手=岡嶋大介

【関連】資産2,000万円で「専業トレーダー」になったら将来どうなる?=矢口新

1 2

相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―』(2016年4月6日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

相場はあなたの夢をかなえる ―有料版―

[月額880円(税込) 毎週月曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
ご好評のメルマガ「相場はあなたの夢をかなえる」に、フォローアップで市場の動きを知る ―有料版― が登場。本文は毎週月曜日の寄り付き前。無料のフォローアップは週3,4回、ホットなトピックについて、より忌憚のない本音を語る。「生き残りのディーリング」の著者の相場解説!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー