fbpx

米国株インデックス投資“万能論”は危険?「誰でも稼げる」に潜む罠=栫井駿介

米国株の「歪み」を見つけるのは難しい

米国株に関しては色んな人が国民全体がもう投資家として参加している訳なので、実はこのような歪みを見つけ出すのはあまり容易ではなかったりします。

そもそもアメリカに住んでいなければなかなか発見する事はできませんし、発見していたとしてもすでに株価に反映されているという可能性が高いです。

それに対して日本の株というのは結構見過ごされている株が少なくないという実感は持っています。

実際にそのような形で株式投資で利益を上げてきたということもあります。

したがって特にこの個別株をやるのだったら、米国株も良いですけれども、日本株というのもやはり目が離せないなという風に思っています。

ウォーレン・バフェットも今まさに日本株を買ったということがありますから、国としての経済成長はさすがにアメリカに劣ってしまうかもしれませんけれども、この歪みという観点では、日本株も捨てたものではありませんし、むしろ個別の企業の乖離に関しては日本株の方が大きくて、利益を出す可能性も十分にあるという風に思っています。

まとめ

今回の話をまとめますと米国株だけの投資というのは考えものです。

30年50年という単位では十分に年率で10%とかそういったリターンが取れるかもしれませんけれども、その30年に達するまでの間に「株式の死」みたいなまったく上がらない局面、あるいは下がり続ける局面というのも経験する可能性はやはり十分にあるという風に考えます。

それを避ける為にも、分散ということは必要だと思います。

米国株だけではなくて他の資産も知っておいて、それらを少しずつでも持っておくというのもありますし、それが難しいようだったら例えば現金持っておいて、いざチャンスに備えると株価が下がった時や良い物を見つけた時に買う為にとっておくということは必要ではないかと思います。

何より頭を使うということが絶対大切です。

この米国株にとにかく積立投資をしていれば良いという論調は、何も考えなくてただ機械的にやればいいからやっているというところがあります。こういう人達は結局は何も考えたくないからやっている訳なんです。けれども、そういったものには必ず落とし穴があります。

今後、株価が低迷するようだったら、そういう人たちが痛い目を見るということになりますし、米国株に集中投資していたとしても、もしこうなりそうだったらいつでも動ける準備というのはしておかなければなりません。

そういった意味で頭を使うというのはやはり投資においては、絶対条件だという風に考えています。

(※編注:今回の記事は動画でも解説されています。ご興味をお持ちの方は、ぜひチャンネル登録してほかの解説動画もご視聴ください。)

【関連】アップル株は理論上「無限」に上がる?それでも気になる急落リスク…買い時は=栫井駿介

【関連】なぜバフェットは日本の商社株を買った? 素人が真似ても儲からぬ理由=栫井駿介


つばめ投資顧問は、本格的に長期投資に取り組みたいあなたに役立つ情報を発信しています。まずは無料メールマガジンにご登録ください。またYouTubeでも企業分析ほか有益な情報を配信中です。ご興味をお持ちの方はぜひチャンネル登録して動画をご視聴ください。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

【関連】コロナ感染数「寒いと激増」GS調査で判明、数だけ見て再自粛なら経済崩壊

【関連】JR4社はいま買い時なのか? 年初来安値更新「割安」評価の裏に潜むリスク=栫井駿介

【関連】三井住友、純利益で三菱UFJを抜くも共倒れの危機?バフェットも見限る銀行業の暗い未来=栫井駿介

image by:Matej Kastelic / Shutterstock.com
1 2 3 4 5 6

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問』(2020年12月12日号)より
※記事タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー