日経平均は二番底形成か底割れか?もしこの局面で株を買うなら=炎

日経平均が二番底を形成するには15000円台前半で下げ止まる必要があります。先週の15395円が二番底になるかは予断を許さず、英国がEUを離脱した際の影響も未知数です。(『億の近道』炎のファンドマネージャー)

プロフィール:炎のファンドマネージャー(炎)
小学生から証券会社に出入りし、株式投資に目覚める。大学入学資金を株式の利益で確保し、大学も証券論のゼミに入る。証券会社に入社後は一貫した調査畑で、アナリストとして活動。独立系の投資運用会社でのファンドマネージャーの経験も合わせ持つ。2002年同志社大学・証券アナリスト講座講師を務めたほか、株式漫画の監修や、ドラマ『風のガーデン』(脚本:倉本聰)の株式取引場面の監修を行う。

リーマンショック的展開もあり得る今の相場をどう見るか

先週の15395円は二番底となるか

今年の日経平均の安値は2月12日の14865.77円でしたが、先週は安値15395.98円でその水準に近づいてきました。これで二番底形成となるのか、はたまた英国のEU離脱で底割れとなるのか固唾を飲んで見守る投資家が多いと思います。

【関連】ついに現役復帰。ジョージ・ソロス氏が確信する中国経済崩壊のシナリオ=東条雅彦

本当に離脱となればその影響は計り知れないと言われますので離脱後にリーマンショックのような展開となる可能性も秘めているからこそ投資家は慎重になっている訳です。

仮に離脱となると欧米株の株価下落、上海、香港株の大幅な株価下落となりまた負のスパイラルも想定されるため、投資家は覚悟しておかないとなりませんが、皆さんには覚悟ができていますか。

救いは心配が先だって空売りが増えていることで、意外なことに結果がどうであれ案外、あく抜けの動きが見られる可能性があることです。

二番底形成では日経平均は15000円台前半で下げ止まる必要があります。先週の15395円が二番底になるかはまだ予断を許せません。1ドル=103.58円まで上昇した為替相場はドルが底割れしたばかりであり、まだ先高感が残っていますので日経平均もまだ下値模索の段階にあると言えます。

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

日経平均株価 日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

米ドル/円 日足(SBI証券提供)

日銀期待と参院選

トレンドの反転のためには日本政府が市場に何らかのサプライズを与える施策を打ち出す必要がありますが、先週は日銀が現状の政策維持で新たな対応を打ち出すことなく、ネガティブインパクトをもたらしてしまいました。

7月10日に向けた参院選挙公示でいよいよ選挙ムードが高まり、政策よりも選挙という雰囲気が漂いつつあります。

こうなると政策催促相場に陥る恐れもありますが、安倍政権にとっても英国のEUからの離脱の結論が出る23日以降は財政政策も含めた景気刺激策を打ち出すタイミングを伺うことが求められます。

二番底形成か底割れかの時期ながら、これが最悪期だろうと願望を込めて皆さんの勇気ある行動にも期待をしております。

Next: ピンチはチャンス。もしこの局面で株を買うなら

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい