心地よすぎて破滅する。コントラリアン(逆張り投資家)が嵌る罠=田渕直也

一般投資家が陥りやすい安易なコントラリアン(逆張り手法)は、多くの投資家にとって長期的な成功を阻む大きな壁となっているのではないかと思います。コントラリアンは、ある意味で心地よいやり方なのです。(田渕直也

※本稿は、お気に入り作家の無料・有料作品を記事単位で読めるサービス『mine(マイン)』の記事をまるごと1話無料で公開するものです。田渕直也さんの他の記事もぜひご覧ください。

プロフィール:田渕直也(たぶちなおや)
一橋大学経済学部卒。日本長期信用銀行(現新生銀行)入行。デリバティブの商品開発、ディーリング業務に従事。以後、国内大手運用会社ファンドマネージャー、不動産ファンド運営会社社長、生命保険会社執行役員を経て、現在、株式会社ミリタス・フィナンシャル・コンサルティング代表取締役。『図解でわかるランダムウォーク&行動ファイナンス理論のすべて』『確率論的思考』『入門実践金融デリバティブのすべて』(いずれも日本実業出版社)『投資と金融にまつわる12の致命的な誤解について』(ダイヤモンド社)『不確実性超入門』(ディスカバー21)など著書多数。

「一気に持っていかれてしまう」リスクは最小化できるのか?

逆張り(コントラリアン)戦略のリスクとリターン

トレードの収益源として前に挙げたもののうち、まだ触れていないのは「自己抑制的フィードバックと自己増幅的フィードバック」と「ランダムでないトレンド」の二つです。これを、

  • 自己抑制的フィードバック ⇒ コントラリアン
  • 自己増幅的フィードバック+ランダムでないトレンド ⇒ トレンドフォロー

という具合に整理しておきます。

今回は、このうち、コントラリアンを簡単に見ておきましょう。コントラリアンとは、逆張り手法のことです。

もっとも、コントラリアンといっても、時間軸の取り方によって様々なやり方があります。たとえば、サブプライムローン・バブルの崩壊に賭けたジョン・ポールソンやマイケル・バーリのCDS投資などもコントラリアン的手法です。

ただし、私はこうした手法をリスク・プレミアム投資の一種と位置付けているので、ここで取り上げるのは比較的短期の時間軸におけるコントラリアンです。

要するに、短期で価格がそれなりに上昇した場合に、戻りを期待して売りに回り、逆も然りという戦法です。

【関連】岡嶋大介 プロだけが知るFX裏のウラ(全6回)

こうした手法は、市場環境が落ち着いているときには比較的勝率が高くなる傾向があります。コントラリアンを有利にする自己抑制的フィードバックが、平穏な環境では強く表れるからです。

もちろん、相場が荒れているときだって、一直線に相場が動くことはまれで、大きく下がっては大きく上がり、またまた大きく下がる、というような動き方をすることが多いので、コントラリアンのチャンスがないわけではありません。

一方で、コントラリアンの最大のリスクは、相場が想定していたレンジを外れ、自己増幅的フィードバックによって「一気に持っていかれてしまう」リスクでしょう。

ボラティリティ(価格変動率)の上昇、他の関連市場での特異な値動き、市場での注文状況や細かい値動きのパターンなどを注意深く観察して、この「一気に持っていかれてしまう」リスクを最小化できるなら、コントラリアンはとても有力な戦略になると思います。

Next: アルゴではない人間の限界とは?/安易な逆張りが招く大きな危険

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー
ついでに読みたい