世界一の戦略家ルトワックはなぜ安倍総理だけを「ベタ褒め」するのか?=北野幸伯

世界的戦略家であるエドワード・ルトワックさんが、わが国の総理を「まれに見る戦略家だ!」と絶賛していることをご存じでしょうか?「ただお世辞をいっただけなのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、このルトワックさんは非常に率直な人なのです。(『ロシア政治経済ジャーナル』北野幸伯)

決してお世辞ではない「稀代の戦略家・安倍総理」が日本を救う

家宝級の1冊『戦争にチャンスを与えよ』

先日、日本から「家宝級」の本が送られてきました。大ベストセラーになっているので、読まれた方も多いと思いますが、世界一の戦略家エドワード・ルトワックさんの『戦争にチャンスを与えよ』です。

この本、絶対読んでおくべきです。こんな貴重な情報が800円で売られているとか、普通ありえません。この『戦争にチャンスを与えよ』については、これからもメルマガで何度もとりあげようと思っています。

しかし、今回はまず「日本の希望」について触れておきましょう。

【関連】敵の敵は味方。プーチンはなぜ暗号通貨「イーサリアム」支援を表明したのか?

ルトワック「安倍総理はまれに見る戦略家」

この本のP63に、安倍総理に関する記述があります。

最初に申し上げなければならないのは、残念ながら、先日の安倍総理との会談内容については守秘義務があり、いっさいお話しすることはできないということだ。

ここでルトワックさん、「安倍総理と会った」と書いています。

エドワード・ルトワック氏(出典:Wikimedia Commons)

エドワード・ルトワック氏(出典:Wikimedia Commons

今からちょうど80年前、日中戦争がはじまりました。この時、中国は、アメリカ、イギリス、ソ連から支援を受けて戦っていた。

つまり、「日中」戦争とはいいますが、実際は「日本 対 米英中ソ」戦争だった。こんなもん勝てるはずがありません。なんで、こんな愚かなことになったのでしょうか?

この2年後、1939年8月に辞職した平沼騏一郎総理(当時)が、その答えを教えてくれます。平沼総理は、辞めるにあたって、

欧州の天地は複雑怪奇!

という歴史的言葉を残しました。

つまり、当時の日本の総理たちは、「欧州(や世界)で起こっていること」が全然理解できていなかった。そりゃあ、負けます。

そして、皆さんご存知のように、日本には「大戦略」がありませんでした。陸軍は、「ソ連こそが主敵である!」とし、海軍は、「アメリカこそが最大の敵である!」としていた。これ、国家としてどっちか決めないとダメでしょう?

日中戦争開戦から80年が過ぎ、現在の安倍総理は、世界一の戦略家に会い、学んでおられる。すばらしいことです。

ところで、ルトワックさんの「安倍評」も書かれています。ルトワックさんが、安倍総理に会われた感想は?

ただ、これだけは言える。私が見たところ、安倍総理はまれに見る戦略家だ。(同上)

安倍総理はまれに見る戦略家だ。

安倍総理はまれに見る戦略家だ。

安倍総理はまれに見る戦略家だ。

世界的戦略家が、わが国の総理を「まれに見る戦略家だ!」と絶賛する。まことに誇らしいことです。

「ルトワックさん、ただお世辞をいっただけなのでは?」と思うかもしれません。しかし、この本を読めばわかりますが、ルトワックさんは、非常に率直で、お世辞をいうような人には思えません。

「良いこと」は「良い」といい、「悪いこと」は「悪い」といっているようです。

Next: ルトワックは日本の安倍総理と世界の他のリーダーをどう評価している?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー