いらない、売れない!「保有しているだけで損をする」別荘地の行方=梶原真由美

「親が保有している別荘用地が放置されており、固定資産税や管理費を毎年支払っているので何とかしたい」との相談を受けました。これ、よくある話です。(『億の近道』梶原真由美)

プロフィール:梶原真由美(かじはら まゆみ)
ファイナンシャルプランナー。日本ではまだ珍しい顧問契約制のFP会社である株式会社マネーライフプランニング所属。1976年千葉県生まれ。40歳で出産、12歳年下の夫と長女の3人家族。

バブル期の別荘ブームが生んだ負の遺産、上手く処分する方法は?

実は多い「不要になった別荘用地」についての相談

普段、富裕層のお客さまからのご相談に乗ることが多いのですが、先日はこんなご相談がありました。

親が保有している別荘用地が長い間放置されており、固定資産税や管理費を毎年支払っている。なんとも無駄なのでどうしたらいいか?」

このお話、決して珍しい話ではなく、よくある話なんです。

1970年代のバブル景気で別荘ブームが起こり、当時は飛ぶように売れたそうです。軽井沢・蓼科・那須・清里周辺が有名です。別荘は一部の人が持つ、ステータスシンボルのようなものだと考えられていたようですね。

しかしブームは去り、残念ながら現状では、手放したい時に値段がつかないどころか、市町村への寄付すら断られてしまうこともあります。

こういったご相談が多いのは、当時購入した世代が高齢化し、要らない・売れない問題が表面化してきていることが要因だと考えます。所有者本人からよりも、今回のように子どもたちからの相談が多いのも特徴です。

解決への2ステップ

解決へのステップとして、今回は以下を行いました。

1.まずは売却可能かどうかを不動産業者に相談

別荘地の売却は、地元の買取専門業者に聞くと売買状況がよくわかります。

2.売却が難しいと言われた場合は?

a)親族等で利用したい人がいないか確認し、希望者がいれば譲る
有効活用という点では、欲しい方に譲るのが良いでしょう。

b)市区町村への寄付や、近隣への寄付を申し出る
市区町村からも断られるケースが多いようです。その場合、近隣の所有者に譲渡交渉するのは1つの手段だと思います。その土地を有効に使いたい方がいるかもしれません。

c)管理会社に相談する
管理会社側も状況は把握しており、管理費等の滞納で頭を痛めているところも多いようです。また、買取してくれる地元の不動産会社を紹介してくれたりもします。

Next: 「不(負)動産」にしないための相続対策を

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー