ドバイで進む「人工知能政府」開発を、なぜ日本のマスコミはひた隠すのか?

今年もドバイで「世界政府サミット」が開かれましたが、日本ではマスコミの沈黙によって知られていません。今年のテーマは「人工知能(AI)政府による統治」です。(『カレイドスコープのメルマガ』)

※本記事は、『カレイドスコープのメルマガ』 2018年3月2日第246号パート1の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。3月5日に配信された続編(パート2)もすぐ読めます。

※不許複製・禁無断転載(本記事の著作権はメルマガ著者および当サイトに帰属します。第三者サイト等への違法な転載は固くお断り致します)

日本は常に蚊帳の外。水道民営化も共謀罪も世界政府のオーダーか

ほとんど報じられない「世界政府サミット」

今年もアラブ首長国連邦(UAE)のドバイで、「2018年第6回・世界政府サミット( World Government Summit)」が開かれました。開催期間は、現地時間で2月11日から13日の3日間。

過去6回にわたって開かれてきたこのサミットには、世界各国から多数の要人が集まって、グローバルなアジェンダ(議題)について議論されてきましたが、その実態と核心については、今でも秘密のベールに包まれています。

というのは、西側世界の主流メディアにも情報が公開されているにも関わらず、まったくといっていいほど報道されないため、「世界政府サミット」の存在さえ知らない大衆がほとんどだからです。

ウォッチャーたちは、「この大かがりなイベントの真の目的」について、なんとか手がかりを探そうとしてきましたが、ここに参加しているグローバリストが、世界政府の樹立を急いでいること以外、さしたる収穫のないまま6回目を迎えるに至っているのです。

今年2018年2月11日から13日に開かれた「第6回・世界政府サミット」にも、150以上の参加国からの90名以上のスピーカー(講演者)が集まり、多くのテーマについて議論されました。

年々、その規模と影響力は拡大するばかりですが、依然として多岐亡羊として、とらえどころがないことが、かえって不気味な印象さえ与えるようになっているのです。
※参考:第6回「世界政府サミット」の公式ホームページ(The sixth edition of the World Government Summit in Dubai)

最大の理由は、西側の主流メディアが、中身について、まったくといっていいほど報じないことと、90名以上のスピーカーが、それぞれのセッションにおいて「何かについて」主張しているにも関わらず、会場の全体が、講演会というより、むしろ、懇談会のような曖昧模糊としたダルな雰囲気に包まれていたからです。

日本のメディアにおいては、オンラインニュースとして、わずかばかりの記事がアップされた後、数日で削除されてしまいます。日本人に対して、相当のメディア統制が効いていることは明らかです。

スピーカーを務める象徴的な人物

なにより、このサミットの性質を物語っているのは、以下の象徴的なスピーカーの参加でしょう。

180308kaleidoscope_1

それは、ニューヨーク市立大学シティカレッジ物理学部教授のミチオ・力ク(加來道雄)と、国際通貨基金(IMF)専務理事のクリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)の二人です。

理論物理学者のミチオ・力クは、もともと未来学者としても著名ですが、彼をさらに有名にしたのが、テレビ番組での「新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)に抵抗する者は、みなテロリストと同じだ」といった過激な発言や、CBSニュースでの「現実に気象操作は行われている」ことを暴露した発言でしょう。彼は、数百万人の米国の視聴者に、「科学者たちが、人工的な気象操作について長年研究してきた」ことを明かしたのです。

いっぽうのクリスティーヌ・ラガルドは、2014年1月下旬、スイスのダボスで開かれた「世界経済フォーラム2014」で行ったスピーチの中で、「通貨のリセットは避けて通れない」と発言。1年前にも、「銀行業は終わりを迎え、暗号通貨が勝利する」と発言しました(※当メルマガ第228号パート1~パート4「SDRの暗号通貨化を計画するIMFと表舞台から姿を消すビットコイン」にて詳述)。

【関連】ビットコイン消滅?「暗号通貨の勝利」を確信するIMFラガルドが描く未来

この2人は、紛れもなく、新世界秩序(ニュー・ワールド・オーダー)を推進するグローバリストの“広報担当”を買って出ているのです。

Next: テーマは「人工知能(AI)による統治」。その驚くべき内容とは

1 2 3 4 5

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい