fbpx

大阪の“事実上医療崩壊”を招いた失敗の本質。日本政治は何を間違えたか?=吉田繁治

国内の感染数と重症化率

国内の感染数は、21年2月・3月の1,000人台から、4月中旬には4,000人台と4倍に増えています。

現在、入院加療中の人は4万人です。1日に300人弱、入院者が増えています。うち現在の重症者は769人です。前日比で31人の増加です。

死亡の数累計は9668人。53万人の累積感染者(人口に対して0.4%)に対しては1.8%の致死率です(インフルエンザの15倍~50倍)。

スペイン風邪の致死率が日本においては1.6%でしたから、新型コロナ並みです(筆者注:世界では第3波までで6億人が感染し、死亡数は2,000万人~4,000万人。致死率は3.3%~6.6%と高かった。時期は第1次世界大戦後の1918年~20年の3年間でした。軍隊から広まったのです)。

前述の通り、日本の人口に対する感染率は米国の10%(10人に1人)の、1/25です。米国では10人に1人、日本では250人に1人です。別の感染症と言えるくらいの違いがあります。

年齢層別の重症化率は以下です(厚労省:20年10月)。

・60歳代以上:重症化8.5%/死亡率5.7%
・50歳代以下:重症化0.3%/死亡率0.06%(60歳代の1/100)
(注)重症は、ICU収容か人工呼吸器装着

60歳以上の方は、感染して発症すれば10人に1名が重症になり、20人に1名は死亡すると見なければならない。高いと言えるのか、低いのか、微妙な数値です。

60歳以上に対する「特別の配慮(ワクチンの早期投与)」があれば、6か月以上の長期副反応は別にして、重症率は、50歳代以下と同じように低下し、新型コロナは、インフルエンザの強いもの並みになります。

高齢者の内訳では、
・71歳から80歳が重症率8.4%、
・81歳から90歳が14.5%です。
・30歳以下では重症率が0.1%です(1,000人に1人)。

新型コロナは、60歳以上に圧倒的に重い感染症です。

当方は、生活習慣病(高血圧や糖尿症)が認められない人であれば、60歳未満の世代には、特に希望する人以外はファイザーのワクチンも要らないように思えます(筆者注:血栓症が報告されているアストラゼネカやJ&Jは、政府が投与を認可すべきではないと考えています)。

60歳未満では、ファイザーワクチンでも誰も分かっていない長期副反応発生が怖い。仮に、その後5年で1%に何らかの障害が出るなら、50歳代台以下の重症化の0.3%より、低いからです。

新型コロナで恐れるべきは、重症化です。軽症なら苦しさの強いインフルエンザ並みで終わるでしょう。

ここでも、政府の長期副反応対する方針が重要です。94%に効くという、ファイザーの自己宣伝(プロパガンダ風)だけではなく、年齢層の違う国民が、自分で判断できる量の情報開示が必要でしょう。

これを、官僚を指揮できる政治家に伝えなければならない。忖度官僚は、国民にとって正当な行政を歪めます。政治家も、厚労省と製薬会社の既得権益を守ってきた族議員を脱することです(筆者注:安倍元首相は厚労族、菅首相は郵政族でしょう)。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】金価格高騰もまだまだ破格に安い?「金レシオ」でわかる今後の伸び代とリスク=吉田繁治

【関連】中国で「無人タクシー」が日常風景へ。なぜ日本の自動運転技術は勝てない?=牧野武文

<初月無料購読ですぐ読める! 4月配信済みバックナンバー>

※2021年4月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

2021年4月配信分
  • 新型コロナ下の経済分析(前編)(4/21)
  • 米国シャドーバンクが抱える問題(4/14)
  • これからの金価格についての総合論(完結編)(4/7)

いますぐ初月無料購読!


※本記事は有料メルマガ『ビジネス知識源プレミアム』2021年4月21日号の一部抜粋です。興味を持たれた方は、ぜひこの機会にバックナンバー含め今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込660円)。

2021年3月配信分
  • 210331 ビジネス知識源プレミアム:これからの金価格についての総合論(後編の2)(3/31)
  • 210328 ビジネス知識源プレミアム:これからの金価格についての総合論(後編-1)(3/28)
  • 210324 ビジネス知識源プレミアム:これからの金価格についての総合論(中編)(3/24)
  • 210321 ビジネス知識源プレミアム:増刊:これからの金価格についての総合論(前編)(3/21)
  • 210317 ビジネス知識源プレミアム:米国の長期金利上昇という株価の障害(3/17)
  • 210310 ビジネス知識源プレミアム:パラレルワールドの影のシナリオ(3/10)
  • 210303 ビジネス知識源プレミアム:金融バブルへの視点を失ったメディアと金融市場(後編)(3/3)

2021年3月のバックナンバーを購入する

2021年2月配信分
  • 210228 ビジネス知識源プレミアム:増刊号:質問への回答集(2/28)
  • 210224 ビジネス知識源プレミアム:(中編)金融バブルへの視点を失ったメディアと金融市場(2/24)
  • 210221 ビジネス知識源プレミアム:金融バブルへの視点を失ったメディアと金融市場(前編)(2/21)
  • 210217 ビジネス知識源プレミアム:高騰する株価、上昇の傾向を見せる長期金利(2/17)
  • 210214 ビジネス知識源プレミアム:特別版:メディア論と、2020米国大統領選選挙の本質(2/14)
  • 200210-2 ビジネス知識源プレミアム:消えていた動画の補い(2/10)
  • 210210 ビジネス知識源プレミアム:2月の断章:ダブルテーマ(2/10)
  • 210203 ビジネス知識源プレミアム:予想されるマネー発行システムの変更(1)(2/3)

2021年2月のバックナンバーを購入する

2021年1月配信分
  • 210131 ビジネス知識源プレミアム:トランプ革命の深層(2):マー・ア・ラーゴの南朝(1/31)
  • 210129 ビジネス知識源プレミアム:トランプ革命の深層(1)(1/29)
  • 210127 ビジネス知識源プレミアム:政治の実態を隠す現代メディア(1/27)
  • 210125 ビジネス知識源プレミアム:ソ連の崩壊に類似する米国のトランプ革命(1/25)
  • 210124 ビジネス知識源プレミアム:バイデンの就任式を見て考えたこと(1/23)
  • 210120-3 ビジネス知識源プレミアム:トランプの最後の演説の翻訳と解釈(1/20)
  • 210120-2 ビジネス知識源プレミアム:古い国家にさようならと告げたトランプ演説(1/20)
  • 210120-1ビジネス知識源プレミアム:緊急放送の予告編と非常事態について(1/20)
  • 210119-1 ビジネス知識源プレミアム:1.17緊急放送のお知らせ(修正)(1/19)
  • 210118-2 ビジネス知識源プレミアム:緊急放送の予告編(1/18)
  • 210118 ビジネス知識源プレミアム:アンケートの結果と国家機密の一部開示(1/18)
  • 210117-2ビジネス知識源プレミアム:米国株は史上最大のバブルか?(1/17)
  • 210117-1ビジネス知識源プレミアム:トランプの緊急放送開始(17日)(1/17)
  • 210116-1 ビジネス知識源プレミアム:ついに国家機密情報の開示か(1/16)
  • 210115 ビジネス知識源プレミアム:有料版読者アンケートの前半集計の分析(1/15)
  • 210115 ビジネス知識源プレミアム:有料版読者アンケートの前半集計の分析(1/15)
  • 210115-3 ビジネス知識源プレミアム:2021アンケートのお願いです(1/15)
  • ビジネス知識源プレミアム:(1/15)
  • 210115 ビジネス知識源プレミアム:世界新体制の成就が近い(その2)(1/15)
  • 210114-1ビジネス知識源プレミアム:世界新体制(トランプ革命)の成就が近い(1/14)
  • 210113-2 ビジネス知識源プレミアム:Declass とRed fiveの一部開示(2)(1/13)
  • 210112 ビジネス知識源プレミアム:世界新体制(トランプ革命):その1(1/13)
  • 210113 ビジネス知識源プレミアム:世界新体制(トランプ革命)その1(1/13)
  • 210112 ビジネス知識源プレミアム:政治闘争の極限がこれか(1/12)
  • 210112 ビジネス知識源プレミアム:緊急号:政治闘争の極限がこれか(1/12)
  • 210111 ビジネス知識源プレミアム:緊急号:1月11日午後2時、大統領令発令(1/11)
  • 210110 ビジネス知識源プレミアム:緊急3号:下院議長のペロシが逮捕された(1/10)
  • 210110-2 ビジネス知識源プレミアム:NSAの情報開示が、今日から始まった(1/10)
  • 210110 ビジネス知識源プレミアム:臨時号:情報源についての考え(1/10)
  • ビジネス知識源プレミアム:(1/9)
  • 210109 ビジネス知識源プレミアム:臨時号:日本時間1月17日中に、レッドファイブの開始を決定(1/9)
  • 210109 ビジネス知識源プレミアム:臨時号:フェイクニュースの構造分析(1/8)
  • 210108 ビジネス知識源プレミアム:臨時号:合同会議の顛末(原因と結果)(1/8)
  • 210107 ビジネス知識源プレミアム:参考号:連邦合同議会の顛末(1/7)
  • ビジネス知識源プレミアム:ドル仮想通貨までの「お金」の正しい歴史(3)(1/6)
  • 210104 ビジネス知識源プレミアム:仮想通貨までのお金の正しい歴史(2)(1/4)
  • 210102 ビジネス知識源プレミアム:仮想通貨までの『お金』の正しい歴史(1)(1/2)

2021年1月のバックナンバーを購入する

2020年12月配信分
  • 201231 ビジネス知識源プレミアム:「なる」から「する」の文化に脱却が必要な日本(12/31)
  • 201230 ビジネス知識源プレミアム:マネーの正史と陰謀論の解析(その1)(12/30)
  • 201227 ビジネス知識源プレミアム:緊急号外:バイデンは負け、トランプが勝った(12/29)
  • 201224 ビジネス知識源プレミアム:小説:2020大統領選挙(後編)(12/24)
  • 201223 ビジネス知識源プレミアム:小説 2020大統領選挙(中編)(12/23)
  • 201222 ビジネス知識源プレミアム:小説:2020大統領選挙(前編)(12/22)
  • 201216 ビジネス知識源プレミアム:トランプのディープ・ステートとの戦い(中後編)(12/16)
  • 201215 ビジネス知識源プレミアム:増刊;トランプディープ・ステートのとの戦い(前編)(12/15)
  • 201209 ビジネス知識源プレミアム:あぶりだすように姿を現してきたディープ・ステート(12/9)
  • 201202 ビジネス知識源プレミアム:影の国家とトランプの戦い(12/2)

2020年12月のバックナンバーを購入する

2020年11月配信分
  • 依然続く米国の混乱と、コロナ下の実体経済(11/25)
  • 21世紀は金融経済の肥大化(11/18)
  • 混乱の極のある、米国社会(11/11)
  • 第四弾:米国大統領選挙(4)(11/7)
  • 第三弾:米国大統領選挙の結果は出た(11/5)
  • 第二弾;米国大統領選挙(2)(11/4)
  • 米国大統領選挙(1)続く(11/4)

2020年11月のバックナンバーを購入する

2020年10月配信分
  • 世界の第二波中の、財政と国債の金融(10/28)
  • 混迷の極致にある大統領選挙の予想(10/21)
  • 世界の政治・経済を決める大統領選挙の直近予想(10/14)
  • トランプのコロナ感染という珍事(10/7)

2020年10月のバックナンバーを購入する

2020年9月配信分
  • 大統領選挙の第一回討論を見ながら(9/30)
  • 日銀の資金循環表の検討(9/23)
  • 家計消費のニューノーマル(新常態)(9/16)
  • 金融商品の価格を先導するデリバティブ:(9/9)
  • 現代ファイナンス理論の、割引現在価値(9/2)

2020年9月のバックナンバーを購入する

2020年8月配信分
  • コロナ下の身辺雑記と近い将来の不動産価格(8/26)
  • MMTに馴致(じゅんち)された人々(8/19)
  • 経済の中心にある株価の長期予想(8/12)
  • 顧客満足を高めることが目的のデジタル・トランスフォーメーション(2)(8/5)

2020年8月のバックナンバーを購入する

2020年7月配信分
  • コロナショックで明らかになった日本企業の生産性の低さとIT化の遅れ(7/29)
  • 激震が走る中国金融センターのドルペッグ制(7/22)
  • 9倍に上がる金価格をめぐっての疑問に答える(7/15)
  • アフターコロナに9倍に高騰する金価格(7/8)
  • 長期化する新型コロナと対策としてのMMTの間違い(7/1)

2020年7月のバックナンバーを購入する

2020年6月配信分
  • ビジネス知識源プレミアム:第一波のあとV字回復した株価の、長期予想と根拠(6/24)
  • MMT理論の間違いが100年に一度の投資チャンスを生む(6/17)
  • アフターコロナの政府財政とマネー(1)(6/10)
  • 世界中が史上最大の経済対策費(6/3)

2020年6月のバックナンバーを購入する

【関連】日本の農業をアメリカに売った政府の罪。アグリビジネスが農家の生活と地球を壊す=田中優

【関連】菅政権お前もか。「消費税アップは日本を壊し税収を減らす」不都合な事実=矢口新

【関連】「投資系YouTuberの7割はウソ」金融の専門家が警告、海外金融商品に落とし穴=俣野成敏

image by:Yellow Cat / Shutterstock.com
1 2 3 4

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで』(2021年4月21日号)より一部抜粋
※タイトル・見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

ビジネス知識源プレミアム:1ヶ月ビジネス書5冊を超える情報価値をe-Mailで

[月額660円(税込) 毎週水曜日]
●最新かつ普遍的なビジネスの成功原理と経済・金融を、基礎から分かりやすく説いて提供 ●時間がない、原理と方法の本質を知りたい、最新の知識・原理・技術・戦略を得たいという方に ●経営戦略・経済・金融・IT・SCM・小売・流通・物流を、基礎から専門的なレベルまで幅広くカバー ■新規申込では、最初の1ヶ月間が無料です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー