fbpx

NY外為:カナダドル買い再開、加貿易黒字拡大やPMI上昇で

マネーボイス 必読の記事



NY外為市場でカナダドル買いが強まった。朝方は原油価格の下落を嫌気したカナダドル売りが優勢となったが、カナダ10月貿易黒字が予想以上に拡大したほか、11月PMIが10月から上昇したため買戻しが優勢となった。カナダ10月貿易黒字は12.1億加ドルと、9月6.1億加ドルから予想以上に拡大し7月来で最大。また、11月PMIは51.4と、10月の50.1から上昇した。

ドル・カナダは1.3673カナダドルへ上昇後、1.3614カナダドルへ反落。カナダ円は99円85銭まで下落後、100円台を回復した。


【経済指標】
・カナダ・10月貿易収支:+12.1億加ドル(予想:+9.0億加ドル、9月:+6.1億加ドル←+11.4億加ドル)




いま読まれてます

記事提供:
元記事を読む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー