fbpx

ドル・円・人民元 為替における米中の「蜜月」と日本の一人負け=ショー

一方の中国は今何を考えているのか?

一方の中国。かつては、輸出企業が恩恵を受ける人民元安政策を進めていました。

これがアメリカから批判を受けていたのですが、潮目が変わったのが昨年夏の上海株ショック。上海株が暴落し、連れて起こったのが中国からの資本逃避です。

この頃は、日本時間で午前10時過ぎに発表される人民元レートにより、東証の株式やドル円も大きく揺さぶられていたのを思い出します。

中国の金融当局は、資本流出を抑えるべく、人民元を上げる方向に誘導しました。“平時”は「低めに誘導して輸出企業を支援する方向」だったのが、もはや“有事”となり、逆に「人民元高、ないし人民元が下がりすぎないようにした」というところですね。

この人民元高政策も“人為的”なものなのですが、アメリカがクレームを付けたというニュースは見ていません。

以前も書きましたように、為替は必ずペア通貨があります。米中だったら、ドル/人民元、となるわけですが、人民元が高くなれば相対的にドルは低くなる。これはアメリカにとっては非常に都合が良いことなのです。

今回、ルー財務長官が北京で、手放しの称賛をした経緯はこんなところだろうと思っています。為替において、当面、米中は完全に蜜月関係にあると言ってよろしいでしょう。

そこで割りを食わされるのは日本であり、実際にやられっぱなしになっているわけです。

【関連】ソウルは火の海?米韓日と北朝鮮もし戦わば~ストラトフォー最新予測=高島康司

1 2
海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ』(2016年6月9日)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ

[無料 ほぼ日刊]
明るい希望が見いだせないサラリーマン生活から脱却すべく、国内不動産投資から海外投資に目指した40歳独身男が、2012年6月をもってサラリーマンリタイヤ。投資インカムに加え、インターネットビジネスも開始し、タイ バンコクに移住、稼ぎは大きく、生活コストは小さく、ハッピーライフを追求していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい