fbpx

ドル・円・人民元 為替における米中の「蜜月」と日本の一人負け=ショー

6月6日から2日間にわたって行われた「米中戦略・経済対話」のため、アメリカのルー財務長官が北京を訪問しました。お互い、強い自己主張をするお国柄ですから、何かガチンコの論争でも起きるかとも思っていましたが、拍子抜けするほど、あっさりしているように感じます。(『海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ』ショー)

アメリカのルー財務長官が中国に手放しの称賛を送った理由

拍子抜けするほどあっさり終わった「米中戦略・経済対話」

6月6日から2日間にわたって行われた「米中戦略・経済対話」のため、アメリカのルー財務長官が北京を訪問しました。お互い、強い自己主張をするお国柄ですから、何かガチンコの論争でも起きるかとも思っていましたが、拍子抜けするほど、あっさりしているように感じます。

【関連】利上げめぐる米中の駆け引きは「アメリカ有利」 7月利上げの可能性高く=斎藤満

一昨年あたりには、ルー財務長官は中国に対し、かなり強い姿勢で、「為替レートは市場原理に基づくべきだ」と改善を要求していました。

ですが今回、北京では、「わずか数年前と比べて真の前進が見られた」と、もはや手放しの称賛モードとなっています。麻生財務大臣に対する“冷淡な態度”とは全く違いますね。

米ドル/円 週足(SBI証券提供)

米ドル/円 週足(SBI証券提供)

米中の為替政策は完全なWin-Win?米国の狙いは

さて、ここからは、全くもってショーの独断、想像の話となります。

米中間で為替に関する密約がある」という噂が出回ったことがありましたが、密約という言葉が正しいかどうかは疑問だとしても、少なくとも現在と当面においては、米中両国が意図している為替政策は、完全にWin-Winの関係になっている。こう考えています。

まず、アメリカはドル安です。昨年まではドル高を“許容”してきたのですが、大統領選が近づき、いつもと同様、ドル安志向になってきました。

さらに大きな要因として加わったのが、共和党候補トランプ氏の台頭。現政権の民主党の政策と、その結果のドル高を徹底的に攻撃しています。

現政権は「次期政権も民主党のままで」と考えますから、ここは何としてもドル安に持っていきたいと考えるのが自然です。

Next: 一人負けの日本。中国は今何を考えているのか?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい