fbpx

ついに白旗。舛添要一「東京都知事居座り作戦」の小失敗=ショー

「フライデー襲撃事件」後のビートたけしを守ったすごいコメント

それで思い出したのは、かなり昔のことですが、ビートたけしさんのフライデー襲撃事件後の母親、さきさんのテレビインタビューでのコメント。

【関連】1億強の節税にも。ビートたけしがやっていた相続税の裏ワザ

あんなどうしようもないのは、死刑にでもしてください」と言ったことで、記者は唖然としました。当時、暴力をふるわれたマスコミ側の反応は強烈だったのですが、あの会見で一気に流れが変わってしまいました。「死刑」以上のことはありませんから。

後で、たけしさんがお母さんに「なんであんなひどい事を言ったんだよ」と電話したところ、お母さんは「ああでも言わないと騒ぎがおさまらないでしょ」と答えたそうです。

一流のPRエージェント真っ青の見事な見立て、世論分析でした。

お母さんのさきさんは、あのインタビューの場で息子をやっつけ、結果として守ったのです。

もし佐々木弁護士が舛添氏をやっつけていたら?

たられば論ですが、もし佐々木弁護士が先日の記者会見で「現行の政治資金規制法には抵触しないものの、公私混同は許されるべきではなく猛省すべきだ」と、舛添氏をやっつけていれば、少しは風向きが変わっていたかもしれません。

ところが実際の佐々木弁護士は、「関係者とはどんな人ですか?」という質問に対して「関係者は関係者ですよ!」と答えるなど、メディアと有権者と国民をやっつけてしまった

でも、これは佐々木弁護士が無能だったからではありません。繰り返しになりますが、佐々木弁護士の本分、強みは相手をやっつけることで、同意や共感を得ることではないのです。刑事被告人が同意しなくても、有罪判決が出れば従わざるを得ません。

柔道家の舛添氏は今回、無理やり抑え込みで事態収拾を図ろうとしましたが、“柔よく剛を制す”を忘れていたのかもしれません。

【関連】決して荒唐無稽ではない「東京オリンピック中止」の噂、7つのシナリオ

【関連】都民の馬鹿と投資家の馬鹿~なぜ彼らは舛添要一を「高値掴み」してしまったのか?

【関連】ドトール株主総会レポート~思わぬ質問と社長の返しで会場からは笑いも

1 2
海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ』(2016年6月15日)より
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

海外投資とネットビジネスで海外移住、ハッピーライフ

[無料 ほぼ日刊]
明るい希望が見いだせないサラリーマン生活から脱却すべく、国内不動産投資から海外投資に目指した40歳独身男が、2012年6月をもってサラリーマンリタイヤ。投資インカムに加え、インターネットビジネスも開始し、タイ バンコクに移住、稼ぎは大きく、生活コストは小さく、ハッピーライフを追求していきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい