fbpx

北朝鮮の反撃で韓国軍壊滅、日本自衛隊出撃す。そのとき安倍政権は?=高島康司

安倍政権を警戒するアメリカ

そのような状況なので、北朝鮮の先制攻撃を実施する場合、やはりナショナリスティックな安倍政権の排除が条件になってもおかしくない。親韓国、親中国とまでは行かなくても、「日本会議」や「神道政治連盟」のような組織を母体にせず、東アジア諸国の連携に積極的な政権に代わる必要性がある。

実はオバマ政権時からアメリカは、安倍政権の戦前回帰姿勢を大いに警戒し、そのナショナリスティックな姿勢が中国や韓国を刺激することを恐れていた。

米議会調査局の報告書

まずアメリカのこうした警戒感が示されたのは、安倍政権が誕生した半年ほど後の2013年5月1日に公表された、米議会調査局(CRS)の「日米関係をめぐる論点」という報告書においてだ。

ちなみにCRSの報告書は、アメリカの外交関係に詳しくない米議会の議員に、アメリカが直面している課題などを簡潔に解説する目的で出された報告書だ。「日米関係をめぐる論点」も日米関係の課題について書かれている。

いまとは異なりこの当時の安倍政権は、従軍慰安婦の事実を認めた「河野談話」の見直しなど、戦前日本のアジア侵略にある程度の正当性を認める歴史修正主義と海外から非難される姿勢を維持していた。CRSの報告書は、こうした当時の安倍政権に対する警戒として出されたものだ。

この報告書には、「国粋主義的なことで知られる政治家や、時により極端に国粋主義的な主張を行う政治家を任用していることからも、安倍の閣僚人事にはこれらの歴史観が反映されているとみられる」と警戒感を強め、次のように書かれている。

「多くの識者の間では、安倍の政権復帰は周辺国との問題を再燃させ、地域的な貿易統合の動きを乱し、合衆国と同盟国との安全保障上の関係を損ない、中国との関係をさらに悪化させる恐れがあると懸念されている」

そして、次のように書き、アメリカに対する安倍政権のリスクを指摘している。

「しかし一方で、合衆国の利益を損なう恐れのある周辺国との不和が生じるような問題に関し、安倍が外交課題の舵取りをうまく出来るのかという点については疑問が残る

このようにして、安倍政権の国粋主義的な姿勢が今後アジアで問題を引き起こさないか懸念して終わっている。

さらに――
続きはご購読ください。初月無料です<約4500文字>

アメリカから続く圧力

バランスの破壊者、安倍

安倍政権に外交政策の転換を迫る

その後も続く懸念

決定的な圧力

北朝鮮攻撃の準備か?

状況の変化

これから森友問題よりもっと大きなスキャンダルが?


※本記事は、未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ 2017年4月7日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。「アメリカから続く圧力」ほか、本記事で割愛した全文もすぐ読めます。

【関連】トランプの北朝鮮攻撃プランは「安倍政権崩壊」を前提としている(前編)=高島康司

【関連】北朝鮮「真のXデー」は4月19日か? 工作員と化学兵器の攻撃目標は

【関連】年収400万円層が知らない本当のルール。富裕層になるたった1つの方法とは=鈴木傾城

【関連】「影の支配者」D・ロックフェラーの死にほくそ笑むゴールドマンの戦略=斎藤満

【関連】我が国インフラへのマルウェア攻撃と「日本の支配構造」の知られざる闇=高島康司

【関連】暴露された米CIAの「監視・盗聴技術」と森友スキャンダルを繋ぐもの=高島康司

1 2 3

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ(2017年4月7日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ

[月額880円(税込) 毎週金曜日]
いま私たちは先の見えない世界に生きています。これからどうなるのか、世界の未来を、政治経済のみならず予言やスピリチュアル系など利用可能なあらゆる枠組みを使い見通しを立ててゆきます。ブログ『ヤスの備忘録』で紹介しきれない重要な情報や分析をこのメルマガで配信します。『ヤスの備忘録』とともにお読みください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー