fbpx

日中戦争の仕掛け人。日本会議以上に危険な「台湾ロビー」の正体=高島康司

「中国との対峙」を求めた李登輝のスピーチ

「太平洋の覇権をめぐり、中国は今やその野心を隠そうとしません。中国側は、もはやアメリカにアジアを安定させるだけの力がないことを見抜いているのです。昨年末、中国が一方的に定めた防空識別圏についても、アメリカは中国に対して懸念を表明しただけで、明確に反旗を翻したり、撤回を要求したりすることはありませんでした。そういう状態を見ても、日本はアメリカから独立した存在になるとともに、アメリカ側に立って中国と対峙していかなければならないのです」

このように、李登輝は安倍政権の「安保法制」を高く評価し、日本がアメリカとともに中国と厳しく対峙するべきことを強く主張した。

ちなみに「フォーラム21」は、どの期にも比較的に頻繁に「台湾研修」を実施し、李登輝のグループと関係を密接に維持しているように見える。「フォーラム21」は「台湾ロビー」の影響下にある可能性はかなり高いだろう。


※本記事は、未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ 2016年8月19日号の一部抜粋です。この号では今回の記事の続きとして、以下の内容を解説しています。

李登輝グループの真の目的とは?

見えない勢力、そして「チベット・ロビー」の影

ご興味を持たれた方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】安倍マリオ「東京オリンピックへの危険なBダッシュ」3つの落とし穴=斎藤満

【関連】「天皇制国家」と日本会議~現代日本人を虜にする国家神道的メンタリティ=高島康司

【関連】ロシアが本気で警戒『ポケモンGO』アメリカ陰謀説の意外な真実味=高島康司

【関連】安倍昭恵首相夫人の「沖縄電撃訪問」でリベラル派が嵌った落とし穴=ちだい

1 2 3 4 5

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ(2016年8月19日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ

[月額880円(税込) 毎週金曜日]
いま私たちは先の見えない世界に生きています。これからどうなるのか、世界の未来を、政治経済のみならず予言やスピリチュアル系など利用可能なあらゆる枠組みを使い見通しを立ててゆきます。ブログ『ヤスの備忘録』で紹介しきれない重要な情報や分析をこのメルマガで配信します。『ヤスの備忘録』とともにお読みください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい