fbpx

強烈なドル高・株高・金利高。「トランプラリー」はどこまで続くか?=藤本誠之

円安基調が続けば、日経平均の予想EPSが上がりやすくなります。さらにEPSが少し増えて1200円になるとすれば、年末の日経平均は18000円以上か、さらなる高値もありそうです。(『グローバルマネー・ジャーナル』藤本誠之)

※本記事は、最新の金融情報・データを大前研一氏をはじめとするプロフェッショナル講師陣の解説とともにお届けする無料メルマガ『グローバルマネー・ジャーナル』2016年11月16日号の抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に定期購読をどうぞ。
※11月10日撮影のコンテンツを一部抜粋してご紹介しております

プロフィール:藤本誠之(ふじもとのぶゆき)
SBI証券 投資調査部シニアマーケットアナリスト、ビジネス・ブレークスルー大学 資産形成力養成講座講師。「相場の福の神」として、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌など多数のメディアで人気を集めている。

ドル高進行、日経平均は18000円越えからさらに高値追いも

トランポノミクスが跳ね上げた相場要因とは?

11月の注目ポイントは、やはりドル円相場、そして、トランポノミクスと言われるトランプ次期大統領の影響でしょう。

ドル円の動きを見ると、直近の高値を上抜け、106円に近づいています(※編注:本稿作成時点)。こうしたドル高の最大の理由は、アメリカ10年国債の利回りの推移にあります。10年債利回りはこれまでじわじわと上昇していましたが、選挙後大きく跳ね上がりました。これはトランプ氏が次の大統領に決まったことで、今後財政出動により債務が増えていくと考えられ、アメリカ国債が多く発行されるとの予想から、債券価格が暴落、利回りが大きく上昇したというわけです。

161117oomae_1

アメリカの金利が上昇した一方で、日本では、日銀が金利を操作して10年国債の金利を0%近辺に釘付けするという政策をとっているので、金利に大きな変化はなく、ずっと横ばいを保っています。日銀の政策が続く間は、こうした動きが続くでしょう。

アメリカは一旦金利が上昇し、しかも今後12月には利上げでさらに上昇する可能性があり、日米の金利差は、一方は2%超、一方はマイナス金利と、2%以上の開きとなります。日本国債を買うよりはアメリカ国債ということで、円からドルに資金が流れやすい状況と言えます。このことから為替もドルが大きく上昇する可能性があると言えるのです。

また、トランプ氏関連で言えば、アメリカには、例えばコカ・コーラのようにアメリカの企業でありながら各国で展開する多国籍企業が多いわけですが、そうした企業の中には日本などで稼いだお金を現地に置いている企業も少なくありません。しかし今回トランプ氏は、アメリカにその資金を戻した時には税金をかけないとして、資金を戻すよう促しているのです。

アメリカの国際企業は内部留保がかなり多く資金が留まっていて、それらを戻すときには、現地通貨を売ってドルを買うことになります。それにより、ドル高円安、ドル高現地通貨安ということが起こるのです。今回トランプ氏の当選でリスク回避の円高に走ると予想されていましたが、一定のところで止まったということが非常に注目だと思います。この円安基調は今しばらく続くだろうと思います。

このように円安基調が続けば、日経平均の予想EPSが上がりやすくなります。予想EPSは去年の11月30日の1275円から、様々な企業決算の発表や資源価格の暴落等により特損が出たことで、一旦1091円まで下がりました。その後また上がり始めて少し戻してきている状況です。この上昇はやはり為替の影響が大きいだろうと思います。大きな流れを見てもドル円が80円から120円まで円安になり、そこから100円まで円高となった動きに伴って、EPSが上下しているのは明らかなので、今後円安が続けば予想EPSは上昇が期待できるでしょう。

161117oomae_2

今回ピークを迎えた中間決算も、企業業績は当然明暗が分かれていますが、輸出関連企業はこれまで110円に置いていた想定為替レートを、104円、105円へと変更しています。足元の106円ほどの円安水準により業績下方修正懸念はかなり遠のくと言えるでしょう。さらに円安が進めば、上方修正の可能性すら出てきます。

161117oomae_3

日経平均の動きは、PER15倍を真ん中として上下10%を動いていますが、15倍以上買える水準のときは、今後企業業績が良くなり、EPSが増えそうな時だといえます。EPSが減る可能性があるときは業績の下方修正が予想され、15倍を割れるというわけです。現状、100円台半ばほどの水準であれば、ちょうどど真ん中であり、15倍の水準までは買われるとみられます。さらにEPSが少し増えて1200円になるとすれば、日経平均は年内に18000円以上のところまで十分上昇余地があるとみられます。さらに一段と円安が進めば、さらなる高値もあると思います。

Next: トランポノミクスのポジティブ面とネガティブ面を整理する

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい