fbpx

一人っ子政策の闇。中国農村部の「花嫁探し」人身売買同然の実態とは?=石平

現代中国の農村部を覆う深刻な問題の数々。今回の無料メルマガ『石平(せきへい)のチャイナウォッチ』では、貧困にあえぐ農民たちの「結婚問題」をクローズアップ、人身売買同然の嫁探しの風習や、一人っ子政策の犠牲者とも言える「余剰男」と呼ばれる人々の閉ざされた未来など中国の暗部を掘り下げます。

結婚できない3400万人の「余剰男」は、カネで嫁を買うしかない

中国の悪しき風習「花嫁への結納金」が高騰!年収の10倍にも

先月28日、中国共産党中央宣伝部は全国の宣伝部門を招集して「農村精神文明建設」をテーマとするテレビ会議を開いた。

その中で、党宣伝部長の劉奇葆氏は「農村地域の悪しき風習を一掃し精神文明の建設を推進せよ」との大号令をかけた。党宣伝部がやり玉に挙げた「悪しき風習」の一つは、中国の農村地域で広がっている「天価超高額彩礼」の問題である。

【関連】中国発大不況の足音。現地紙が報じた「異常な閉店ラッシュ」の実態=石平

彩礼とは中国古来の婚姻儀礼で、結婚を正式に決める前に新郎の家が新婦の家に一定金額の現金を贈る風習である。日本の結納金にあたるが、最近、特に問題となっているのは、そのびっくりするほどの相場の高騰である。

中国のネット上で流布されている「2016年全国各省彩礼相場一覧表」によると、湖南省、山東省、浙江省などでは彩礼平均相場が10万元(約160万円)。旧満州の東北地方や江西省、青海省となると、一気に50万元台に跳ね上がる。極め付きは、上海と天津で、両大都市の彩礼相場は、何と100万元台に上っている。

こうしてみると、「天価彩礼」は何も党宣伝部のいう農村部だけの問題でもない。

Next: 農村部は「嫁を買う」という人身売買同然の有様に

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー