fbpx

年利0.05%は高利回り? いま「個人向け国債」の販売が好調な理由=久保田博幸

個人向け国債の人気は当面継続か

今回の衆院選挙の与党圧勝により、日銀の異次元緩和はさらに継続される見込みとなっている。

低金利が継続され、個人向け国債の最低保障利回りの0.05%の見直しなどがない限りは、個人向け国債の人気は継続するとみられる。来年度の国債発行計画のなかでも、個人向け販売分は今年度計画の3兆円程度になると予想される。

続きはご購読ください。初月無料です


※『牛さん熊さんの本日の債券』は、毎営業日の朝と夕方に発行いたします。また、昼にコラムの配信も行ないます。興味を持たれた方はぜひこの機会に今月すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 10月配信済みバックナンバー>

・FRB議長人事をもてあそぶトランプ大統領(10/25)
・個人向け国債の販売が好調持続の理由(10/24)
・米国債への中国の買い越し続く(10/23)
・9月の債券、海外投資家は押し目買い(10/20)
・異次元緩和の見直しを行うことも必要に(10/19)
・FRB議長人事レースの行方を占う(10/18)
・「円」対「仮想通貨」(10/17)
・マイナス金利で得をしているのは誰なのか(10/16)
・世界株高の謎、日経平均も20年10か月ぶりの高値更新(10/13)
・ロクイチ国債の暴落を知っているか(10/12)
・スペイン・カタルーニャ州の独立問題とは何か(10/11)
・あまり認識されていない日銀の異常な緩和政策(10/10)
・硬貨を加工すると罰せられる(10/6)
・日銀の国債保有額が減少しているという事実(10/5)
・FRBの量的緩和は米長期金利を引き下げたのか(10/4)
・ここにきて日米欧の国債が売られている理由(10/3)
・日銀短観、10年ぶりの回復が意味するものとは(10/2)
※上記コラムのほか、毎営業日の朝と夕方に相場展望・解説が配信されます。

【関連】ビットコイン消滅?「暗号通貨の勝利」を確信するIMFラガルドが描く未来

【関連】1ドル118円、日経2万2000円も?円安株高の「最速シナリオ」は実現するか=伊藤智洋

【関連】小池氏より怖い安倍総理の「次の敵」アベノミクス再加速と株高の盲点=近藤駿介

1 2

牛さん熊さんの本日の債券』2017年10月24日号より
※記事タイトル・リード文・本文見出しはMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

牛さん熊さんの本日の債券

[月額1,100円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
金融サイトの草分け的な存在となっている「債券ディーリングルーム」の人気コンテンツ、「牛さん熊さんの本日の債券」がメルマガとなりました。毎営業日の朝と引け後に、当日の債券市場を中心とした金融市場の動きを会話形式にてお伝えします。さらっと読めて、しっかりわかるとの評判をいただいている「牛さん熊さんの本日の債券」をこの機会にぜひ御購読いただければと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー