fbpx

日経平均は新たな上昇局面、一気の「21000円超え」を目指しはじめた=伊藤智洋

日米首脳会談雑感。トランプの「矛盾」を手っ取り早く解決する秘策

日米首脳会談後の記者会見では、「偉大な国」とはどういう国なのかという質問がありました。

それに対し、安部首相は、これまでの通り、米国が(軍事的、経済的なリーダーであるという意味での)偉大な国であり続けることが、同盟国である日本の利益につながる、そのための協力を行うという内容の発言をしました。

トランプ氏は、自国の問題を取り上げ、それらを解決することで、米国を今まで以上に偉大な国にするという内容の発言をしました。

安倍首相とトランプ氏の偉大な国という意味が異なるように感じます。満面の笑みで歓待されるほど、両者の意見が一致しているわけではないにもかかわらず、今回の対応は変だと疑いたくなります。

トランプ大統領の戦略に乗せられて、日本は、さまざまな譲歩を強要されるのではないかと考えている方が多いのではないでしょうか。

2人の言葉の時間軸の違いに気づけば、安部首相の考えている米国が偉大な国になるという言葉には、トランプ大統領の偉大な国という意味である、近未来の米国像として、経済的に発展した米国が含まれていることがわかります。

前回、世界経済の発展に伴い、基軸通貨を維持するうまみがなくなってきたことで、米国民がトランプ大統領を生み出したと書きました。米国のかかえる借金は深刻であり、現状を維持できないのは必然です。

米国が国内での生産性を高め、内需を拡大させて、税収を増やし、プライマリー・バランスを均衡させることこそ、経済的、軍事的に強いアメリカを取り戻すための優先事項なのです。

日本は、共通したルールのもとで、アジア圏で自由な貿易を行うのであれば、共産党だけが莫大な利益を手にできるルールを押し付けてくる中国と対抗しなければいけません。日本単独では、その力がありません。

長期戦略を考えれば、これから数年の期間、米国と共に発展してゆくよう、日本が積極的に貢献してゆくことは、日本にとっての最重要課題だと言えます。その間に憲法改正を行い、自主防衛へ向けた準備を整えればいいのです。

ところで、トランプ大統領の政策は、ドル高を誘導するものであるにもかかわらず、貿易赤字が拡大するから円安になるのが気に入らないと言っています。明らかに矛盾があるのですが、手っ取り早く解決する方法があります。

米国からシェールオイルを大量に購入すればいいのです。精製が間に合わないなら、製品ではなく、原油のまま輸入し、日本で精製すればいいだけです。日本は、2020年のオリンピックへ向けて、次世代エネルギーへの転換を目指しています。原油が安いままでは、なかなか技術開発が進みません。

ばかな意見だと思うかもしれませんが、日本が高いシェールオイルを買い、原油価格を引き上げることで、次世代エネルギーへの移行が早まるなら、丸損にはなりません。

将来ビジョンが明確で、そこへ向かっているなら、その途中で生じる不都合な事象は、我慢できるのではないでしょうか。我慢できる国だからこそ、日本は長く文化を継承し、発展してきたのではないでしょうか。
続きはご購読ください


※本記事は有料メルマガ『少額投資家のための売買戦略』2017年2月12日号を一部抜粋・再構成したものです。ご興味を持たれた方はぜひこの機会にご購読をどうぞ。本記事で割愛した、ゴールド相場の分析「金は今年から3年続く上昇局面へ入っている」を含む全文もすぐ読めます。

【関連】2017年 日経平均株価の読み方・儲け方。向こう1年の有力シナリオ=伊藤智洋

1 2 3

『少額投資家のための売買戦略』』(2017年2月12日号)より一部抜粋・再構成
※太字はMONEY VOICE編集部による

有料メルマガ好評配信中

『少額投資家のための売買戦略』

[月額1,078円(税込)/月 毎月第2・第4日曜日(年末年始を除く)]
値動きには理由があります。一般的に言われているような確率や、需給の変化を見るだけでは、先のことなどわかりません。確率論や、統計データ分析をやりつくし、挫折を味わった経験があるからこそ、理解できた値動きの本質を書いてゆきます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー