fbpx

ZOZOSUIT(ゾゾスーツ)の秘密。なぜ買収ではなくコールオプションに?=シバタナオキ

スタートトゥデイとStretchSenseの関係

今回「ZOZOSUIT」を提供するにあたって、StretchSenseから技術提供を受けていることが発表されているだけではなく、スタートトゥデイとStretchSenseの間でコールオプションの契約が結ばれていることが開示されました。
StretchSenseLimited社とのコールオプション契約締結に関するお知らせ(2017/11/22)※PDFファイル

主要なポイントを列挙しておきます。

・スタートトゥデイは、現時点で、StretchSenseの39.9%を(既に)保有
・スタートトゥデイが残りの全株を取得できる「コールオプション」を$20M(約20億円)で取得
・コールオプションは、2018年9月30日まで有効
・コールオプションを行使してStretchSenseを100%子会社にするために必要な資金は$72M(約72億円)

171217shibata_3

そして、現時点でStretchSenseは、(約40%を保有しているにも関わらず)持分法の対象になっていません
株式会社スタートトゥディ 第19回株主総会招集通知(2017/6/12)※PDFファイル

【参考】通常は20%以上50%以下の議決権(株式)を所有している会社の業績を所有比率に応じて連結決算に取り込むことができますが、企業の重要性が乏しいものについては、持分法適用会社としないことも認められています。

本稿では、このコールオプションの契約内容とその背景を詳しく探ってみたいと思います。

【関連】本業はどうよ? 米アマゾンのEコマース事業が凄いことになっていた件=シバタナオキ

「コールオプションとは何か?」というところから始まり、「今回なぜこのZOZOSUITにとって欠かせない技術を100%買収するのではなく、コールオプションという形にしているのか?」という点も考察したいと思います。

コールオプションを詳しく理解している方や、なぜ今回は買収ではなくコールオプションを選択しているのかをすぐにイメージできる方は、今回の記事を購読する必要はありません。

今回の記事は、どちらかというと初心者向けです。大企業における事業開発やコーポレートデベロップメントに従事している方で、今後外部のスタートアップと業務提携・資本提携をしながら新サービスを開発していく可能性があるポジションの方には、必須の内容かと思います。

「コールオプション」とは

はじめにコールオプションとは何か? というのを簡単に説明しておきたいと思います。コールオプションというのは、将来のある時点においてあらかじめ定められた金額で、あらかじめ定められたものを買う権利のことを言います。この金額のことを権利行使価格と呼び、その権利を行使できる期限のことを期日あるいは満期日と呼びます。

今回の場合、スタートトゥデイが――

続きはご購読ください。初月無料です<残約2,500文字>

「コールオプション」とは

「(今すぐ)買収」vs「コールオプションを取得」

買収ではなく「コールオプション」を選択した理由その1

買収ではなく「コールオプション」を選択した理由その2


※本記事は有料メルマガ『決算が読めるようになるノート』2017年12月14日号の抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

<初月無料購読ですぐ読める! 12月配信済みバックナンバー>

・なぜZOZOSUITの技術提供元との契約は「買収」ではなく「コールオプション」なのか?(12/14)
・AmazonのアメリカでのEC市場シェアいえますか?(12/12)
・中国EC巨人アリババの日本のECから「逆輸入」したものとは?(12/8)
・ソフトバンクと楽天の投資事業の凄さを真面目に語ってみる(12/5)

<こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

12月分すべて無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

11月配信分
・ZOZOTOWNは、プライベートブランドへの投資資金をどのように捻出するのか?(11/30)
・スナップチャットに学ぶグローバルにスケールさせる広告システム(11/23)
・「iPhone X」以前でも驚異的なAppleの決算で覚えておくべき6つのトレンド(11/21)
・決算資料には書かれていないFacebookの強みと主要KPI(11/16)
・Facebookの実効税率が恐ろしく低い件(日本企業に勝ち目がない理由)(11/14)
・サイバーエージェントがAbemaTVに200億円以上の投資がしづらい理由(11/9)
・Googleの成長が更に加速しそうだと思わせるたった一つのKPI(11/7)
・Netflixの事例からユニットエコノミクスとキャッシュフローを学ぶー Netflixのユーザー獲得コスト・回収期間を言えますか?(11/2)

10月配信分
・GoogleやAmazon並の成長率を維持するPaypalの4つの「ここが凄い」(10/31)
・「最近の若いのは何を考えてるか分からん」というおじさん・おばさんへ(10/27)
北米版の楽天市場「Shopify」から学ぶEC版の月額課金+手数料モデル(10/26)
・Amazonのジェフ・ベゾスCEOの成功のための思考法(10/24)
・ついに日本でも発売。どのスマートスピーカーを買うべきか?(10/19)
・Googleが飲み込もうとしている世界とまだ手が及ばない世界(10/17)
・楽天はFREETEL買収費用を回収するのにどの程度時間がかかるのか?(10/10)
・スタートアップはどこまで赤字を掘っても許されるのか(10/6)
・iPhone Xに学ぶ、レッドオーシャン市場で成長率を高める方法(10/3)

9月配信分
・GoogleがHTCを買収した背景と1,200億円が「破格」である理由(9/29)
・オンライン広告で本がどのくらい売れるか実験してみた(9/26)
・【2017年版】スマホアプリ開発者が知っておくべき7つの事実(9/22)
・【ライブを見逃した方へ】英語か決算か? ビジネスパーソン最強の教養とは(9/20)
・英語か決算か? ビジネスパーソン最強の教養とは(9/19)
・ソフトバンクがスプリントとT-mobileを合併できたとしてもまだ足りないものとは?(9/15)
・アリババのクラウド事業がAWSみたいなバケモノになりつつある件(9/12)
・中国3強(百度・アリババ・テンセント) vs 日本3強(ヤフー・楽天・LINE)の決算比較(9/5)
・【保存版】マネーフォワードのIPOはSaaSのお手本レベル(9/1)

8月配信分
・決済端末Squareの絶好調を支える3つの差別化戦略(8/29)
・ZOZOTOWNのテイクレートは楽天市場・ヤフーショッピングの●倍(8/25)
・Amazonは最大のハックである「税ハック」と日本のソフトウェア産業の競争優位(8/22)
・「ツケ払い」の貸倒率を推計してみた(8/17)
・ヤフーがどうしても銀行を連結子会社にしたかった理由(8/14)
・あまり報道されないけど頭に入れておくべきGoogle関連の6つの指標(8/8)
・老舗FintechのPayPalが前年同期比26%で成長するワケ(8/4)
・しばQ: マーケットプレイスで先に集めるべきは「売り手」「買い手」のどちら?ポイントバックはイケてる?他(8/1)

【関連】ビットコインという「実験」の裏で進む、AIとブロックチェーンの大融合=高島康司

【関連】Snapchat(スナチャ)に学ぶ、グローバルにスケールする広告システムの作り方=シバタナオキ

【関連】日本企業に勝ち目なし? Facebookの法人税「異常な安さ」の実態=シバタナオキ

【関連】サイバーエージェントがAbemaTVに200億円以上の投資をしづらい理由=シバタナオキ

【関連】Googleが飲み込もうとしている世界と、彼らの手がまだ触れない世界=シバタナオキ

【関連】AmazonのベゾスCEOが語った「死ぬ間際に後悔しない」成功の哲学=シバタナオキ

【関連】北米版の楽天市場「Shopify」が急成長! EC版月額課金×手数料モデルの強みとは?=シバタナオキ

【関連】マネーフォワードの「赤字IPO」が投資家にとって心配無用である理由=シバタナオキ

【関連】スタートアップ企業はどこまで赤字を掘っても許されるのか?=シバタナオキ

【関連】消費税も法人税も回避! Amazonの「税ハック」に日本が学ぶべきこと=シバタナオキ

1 2

決算が読めるようになるノート』 2017年12月14日号『なぜZOZOSUITの技術提供元との契約は「買収」ではなく「コールオプション」なのか?』より抜粋
※記事タイトル・本文見出し・太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

決算が読めるようになるノート

[1,001円(税込) 週2回程度]
アメリカ・日本のネット企業(上場企業)を中心に、決算情報から読みとれることを書きます。経営者の方はもちろん、出世したいサラリーマンの方、就職活動・転職活動中の方にも役立つ内容です。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー