fbpx

米国株を空売りする天才アインホーンは「成長の罠の罠」に敗れるのか?=東条雅彦

まとめ

【1】
アインホーンの予想が外れ続けているのはある意味、異常事態である。新しいパラダイムが出てきていることは確かである。

【2】
20世紀型グロース株:成長の罠
21世紀型グロース株:成長の罠の罠

【3】
21世紀型グロース株は国境を超えて、全世界の市場を同時並行で開拓していくため、「成長期」が異常に長い。実際にいつまで高成長が続くかは、現時点では誰にもわからない。

【4】
アインホーンが売りだと明言しているアマゾン、ネットフリックス、テスラのPSRは過去3年間、ほぼ同じ値で推移している。株価だけを見ていると、一直線に上昇していて、一見、割高に見えるが、業績も歩調を合わせながら拡大している。これが21世紀型グロース株の1つの特徴になっていて、事業の拡大というファンダメンタルズ要因が株価を下支えしている。

【5】
アインホーンのように、産業革命中にグロース株に対して「売り」で入るのは超リスキーな行為である。

追伸:これは私の「個人的な意見」です。ただし、アインホーンの投資姿勢そのものはとても素晴らしいと感じます。株式市場では常に「少数派」が勝ちます。だから、周りから笑われるぐらいのことをやっている投資家の方が、後から「大勝利」を手にしている…こういう場面を何度も見てきました。だから、全否定するつもりはありません。むしろ、尊敬しています。

image by:YouTube

【関連】投資家を殺す「ブラック商品」の見抜き方、「ホワイト商品」の探し方=俣野成敏

【関連】著名投資家アインホーン氏の大勝負!「GM再生」に賭けた天才の勝算は?=東条雅彦

【関連】ITバブルをスルーした天才ロバートソンは、なぜ今FANGを買っているのか?=東条雅彦

1 2 3 4 5 6

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~』(2017年12月17日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

ウォーレン・バフェットに学ぶ!1分でわかる株式投資~雪ダルマ式に資産が増える52の教え~

[無料 週刊]
■電子書籍『バフェット流投資入門(全292頁)』をメルマガ読者全員に無料プレゼント中♪世界一の投資家ウォーレン・バフェットの投資哲学、人生論、さらに経済や会計の知識が、このメルマガ一本で「あっ」と驚くほど簡単に習得できます!!著者はバフェット投資法を実践して、6000万円の資産を築き、さらにヒッソリと殖やし続けています。(ブログよりも濃い内容でお届け☆彡)●バフェットの投資法を小学生でもわかる例え話で学べます。●複利マジックで経済的自由の達成を目指します。●日本経済の現状から取るべき投資戦略がわかります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー