fbpx

V字回復マクドナルドと苦戦するモスバーガー、なぜ明暗が分かれたか?=栫井駿介

どちらも優待狙いの投資がメイン

証券アナリストとしてそれぞれの株価に目を向けると、日本マクドナルドのPERは32倍、モスフードサービスは43倍と、いずれも平均的な水準である15倍と比較してかなり割高な水準となっています。

株価がやけに高いのは、恐らく株主優待狙いの投資家が多いからだと考えます。マクドナルドに関しては、大赤字を出したときにも全く株価は下がりませんでした。下がる瞬間に買いを入れる優待投資家が多いのでしょう。

モスフードサービス<8153> 週足(SBI証券提供)

モスフードサービス<8153> 週足(SBI証券提供)

日本マクドナルドホールディングス<2702> 週足(SBI証券提供)

日本マクドナルドホールディングス<2702> 週足(SBI証券提供)

純粋な業績から見た株価は両社とも割高な水準と考えられるため、価値重視の長期投資家にとっては判断が困難な銘柄と言えます。

逆に、価格変動を気にせず、純粋に株主優待狙いの投資家なら参入する価値はあるでしょう。もし株を買うのなら、自分の好きなお店の株を買い、優待券を使ってお得に食事を楽しんではいかがでしょうか。


つばめ投資顧問は相場変動に左右されない「バリュー株投資」を提唱しています。バリュー株投資についてはこちらのページをご覧ください。記事に関する質問も受け付けています。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

image by:roroto12p | TY Lim / Shutterstock.com

【関連】日本の農業をぶっ壊す種子法廃止、なぜほとんど話題にならない?=田中優

【関連】ビットコインを超えていけ。米経済紙も取り上げた、次に来る暗号通貨=高島康司

【関連】孫正義が考える「バフェットの倒し方」ソフトバンク親子上場の狙いとは?=栫井駿介

1 2 3

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2018年2月27日)

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい