fbpx

なぜ安倍首相と昭恵夫人の行動は私たちをイライラさせるのか?=三宅雪子

安倍首相と昭恵夫人、両名に問題があるとしか言いようがありません。「首相案件」で騒がれている最中の会食相手選びや秘書官のヤジなど、話題が絶えません。(『三宅雪子の「こわいものしらず」』三宅雪子)

※本記事は有料メルマガ『三宅雪子の「こわいものしらず」』2018年4月13日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:三宅雪子(みやけ ゆきこ)
元衆議院議員。玉川学園女子短大、共立女子大学を卒業。テレビ局勤務を経て、2009年群馬4区で民主党から立候補し、比例復活当選。現在は、執筆やネット配信、福祉や介護のアドバイザーなどをしながら政治活動を行っている。

批判を受け止められない安倍首相と、悪意のなさが問題の昭恵夫人

善意の怪物

安倍昭恵さんがモリカケで渦中の人になってから、1年余り。モリカケ以前は家庭内野党とご自身はアピールしていました。そのため、期待をされていた時期もあります。

その流れで、2016年参議院選挙後の三宅洋平さんとの接近や交流もあったわけです。選挙での敗北の後のこの出会いは、結果的に洋平さんのプラスにはならなかったように思います。利用されたという人もいますが、昭恵さんにそういう意図はなかったようには思えます。悪意でないから困ってしまうんですよね。そのため善意の怪物と言われるわけです。

あの件ではっきりしたのは、電話の取次ぎくらいはしてもらえるのかもしれませんが、安倍総理に決まったことを翻意させたり、政策の影響を与えることは難しいということですね。よく考えれば、それができてしまったら、逆に問題ではないかと思いませんか?

昭恵さんには数回ですがお目にかかったことがあります。お目にかかったというよりお見かけした程度でしょうか?

私が所属していたチャリティ団体の催しものの場です。背が高く明るく元気で社交的な方という印象です。私は最年少の役員、なぜか昭恵さんは一会員でした。そのチャリティ団体の仕事はかなりの激務で他との兼務は不可能でしたから、やってみたいことがたくさんある昭恵さんからしたらお断りだったのかもしれません。高村副総裁の奥様が会長でした。

昭恵さんの「軽さ」が問題を引き起こす

第一次安倍政権以降、昭恵さんが大人しくしていたかというとそうではありません。現在の片りんはすでにありました。

例えば、チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世との面会(2008年)などですね。日中関係はデリケートな問題をはらんでいましたので、その行動が正しいかどうか別として、ハラハラした覚えはあります。日本がチベットの人権問題に関心を寄せているメッセ─ジになってよかったという声もありました。

昭恵さんは、安倍さんが最初の総理を退いたあと、大学に通ったり、色々な経験をして自分の意思をそれまでより前面に出すことが増えていったように感じます。特に大麻市民運動スピリチュアルという方向へ興味を持ったようでした。市民活動はともかく賛否が分かれる大麻はどうなんでしょう。昭恵さんと親しいとされていた2人がその所持などで逮捕されています。

有名な「アベ政治を許さない」の紙を掲げた方々と笑っての記念撮影は、政権に批判的な勢力にも寛大な人だと微笑ましく見るかどうか感想が分かれるところです。

非常に軽い、私はそういう感想を抱きました。一部は、その「軽さ」が引き起こしたともいえる今回の問題。本人はあくまでも「私かわいそう」のスタンスであり、講演で涙をこぼしたりの姿に「泣きたいのはこっちだよ」と言いたくなります。

Next: 驚きの会食相手…安倍さんはなぜ国民にケンカを売るような行動を取るのか

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい