【8月米雇用統計】貿易戦争で米経済は崩れるか? 不安な夜は「戻り売り」で=ゆきママ

今の相場はまさに貿易戦争が市場のテーマとなりつつありますが、大前提としてアメリカの経済が強いということが根幹にあります。ここが崩れるようだと、これまでの解釈に修正が入ることになるので、警戒したいですね。

さて、そんな中で迎える雇用統計は果たしてどんな結果になるのか、市場の状況や先行指標を確認しながら、考えて行きましょう。(『ゆきママのブログでは書けないFXレポート(無料板)』『お値段以上!?ゆきママの「週刊為替予測レポート」(有料板)』FXトレーダー/ブロガー・ゆきママ)

今夜は1ドル=109.8~111.0円を想定。有効なトレード戦略は?

ついに日米貿易戦争? 引き続き動向を注視!

昨日から今日にかけて、大きく円高が進みました。背景には、米中貿易摩擦で対中関税第3弾へ、カナダとの新NAFTA交渉、そして日米貿易戦争という「経済戦争」が今の市場のテーマがあります。

早朝には、いよいよ次のターゲットは日本ということが報じられており、トランプ大統領が「日本がどれだけ(米国に)払わなければならないかを伝え次第、(良好な関係は)終わる」とし、二国間の自由貿易協定(FTA)の締結などを含め厳しい態度で交渉に臨と伝えられています。

もっとも、トランプの発言については一定の解釈の余地を残しています。つまり、「貿易赤字解消のために強い姿勢で望めば、日本との良好な関係が終わってしまう…」と思い悩んでいると好意的に捉えることも可能で、今後の動向は注意深く見ていく必要があるでしょう。

日米の関係を踏まえると、20日投開票の自民党総裁選までは、そこまで露骨な日本批判をしないと考えられます。そのため、日米貿易戦争のテーマは徐々に緩和されていきそうですが、20日以降は特に警戒したいトピックですので、しっかり確認しておきたいですね。

また、ある程度は織り込みが進んでいるとはいえ、対中関税の第3弾は2,000億ドル規模と非常に大きいですから、嫌気して株価が急落するようだと、一段と円高が進みますので、こちらも意識しておきましょう。

貿易問題は雇用に影響をもたらすか?

今回の雇用統計におけるテーマは、大きく2つあるでしょう。1つは「9月と12月の年内残り2回の利上げへ向けて」ということ、もう1つは「貿易問題が雇用にどう影響するか」ということです。

利上げに関しては、これまでも繰り返しているので言うまでもないですが、9月の利上げに関してはほぼ100%確実視されていますので、今回の結果でどうこうということはないでしょう。

むしろ、12月利上げについては市場関係者の間でも見方が割れていますから、そこへ向けて弾みとなるような結果が出るかどうかということになります。

そして、懸念材料として貿易問題が企業活動に影響し、ひいては雇用情勢にも響いてくるのではないかということがあります。

仮に貿易問題が雇用情勢にも悪影響を及ぼせば、貿易問題そのものに加え、この問題が加熱するにつれて米経済も悪化するということでダブルパンチとなります。

ドル円相場の一段安には警戒したいところでしょう。

Next: 平均時給は低調予想だが…。気になる先行指標や事前予想値は?

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい