低価格で不振のドトール、高級路線で成功のルノアール。どこで差がついた?=佐藤昌司

この夏、外回りの最中に涼を取るためコーヒーショップを利用されたという方、多いのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが取り上げているのは、価格の二極化が進んでいる喫茶業界。高・低価格帯市場のそれぞれについて詳細に分析し、各々の今後を占っています。

ドトールの2倍以上高いルノアール、星乃珈琲店が支持されるワケ

価格の二極化が進む

価格の二極化が進んでいる喫茶業界。高価格帯の代表格として、たとえば「喫茶室ルノアール星乃珈琲店」があり、低価格帯では「ドトールコーヒーショップ」がありますが、双方の代表的なメニューである「ブレンドコーヒー」の価格差は実に2~3倍にもなります。主力メニューでこれほどの価格差がある業界は、飲食業界では他に見当たらないのではないでしょうか。

喫茶室ルノアールのブレンドコーヒーは高額です。価格は店舗によって異なりますが、たとえば「歌舞伎座前店」(東京・中央)では640円(税込み、以下同)で提供しています。一方、ドトールは220円です。価格差は3倍近くにもなります。

同店はブレンドコーヒー以外のメニューも高額で、コーヒーや紅茶、ソフトドリンクなど飲み物の主要価格は600円台~800円台となっています。食事メニューも同様で、たとえば「ピザトースト」が700円、「ミックスサンドウィッチ」が660円となっています。

ルノアールは「都会のオアシス」をコンセプトとし、くつろぎの空間を提供することに注力しています。大正・昭和初期の雰囲気が漂うレトロな内装を採用しており、他の大手コーヒーチェーンにはない独特な趣があります。広々とした空間があるのも特徴的でしょう。休憩や読書はもちろん、打ち合わせやパソコン作業など仕事で利用するにも最適です。

ルノアールは現在約90店を展開しています。店舗数は近年少しずつですが増えています。運営会社、銀座ルノアールの喫茶室ルノアール事業の売上高は右肩上がりで成長しており、18年3月期は5年前と比べ23%増の59億円となっています。

renoir20180822

また、同社は都心型の高価格帯喫茶店として「Cafe ルノアール」と「Cafe Miyama」を現在計13店舗展開していますが、「今後は両ブランドを『Cafe ルノアール』に統合する」(8月22日付日経MJ)といい、喫茶室ルノアールと同じ名前を使って店舗網を広げていく考えです。

Next: 星乃珈琲店の止まらない勢い

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい