fbpx

12月の米利上げは確実か。エコノミストも間違える「景気表現」の捉え方=高梨彰

modest(モデスト)・moderate(モデレート)・robust(ロウバスト)が何を意味するかわかりますか?実は、これらの言葉からすぐに景気を連想できるようになるのです。(『高梨彰『しん・古今東西』高梨彰)

※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2018年11月9日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:高梨彰(たかなし あきら)
日本証券アナリスト協会検定会員。埼玉県立浦和高校・慶応義塾大学経済学部卒業。証券・銀行にて、米国債をはじめ債券・為替トレーディングに従事。投資顧問会社では、ファンドマネージャーとして外債を中心に年金・投信運用を担当。現在は大手銀行グループにて、チーフストラテジスト、ALMにおける経済・金融市場見通し並びに運用戦略立案を担当。講演・セミナー講師多数。

ニュースを素早く理解する「景気表現」の正しい読み解き方とは?

景気の変化を素早く感じ取ることができる3つの単語

新卒時、最初に外国債券部外国商品課なんて聞いても「は?」となる部署に配属されて以来、仕方なく英語と向き合う日々が今日まで続いています。学生の頃から英語と国語が苦手だったもので、今でも英語が目の前にあるなんて不思議な感覚です。ましてや何年もこんな文章ながら書き続けているなんて奇跡です。

ちなみに、英語・国語のアレルギーがある程度緩和されたのはどちらも30代に入ってからでした。ほぼ仕事の現場で鍛えられたものです。そんな私なので、英語を見聞きしても頭にスッと入って来ない単語ばかり。それでも市場・経済関連の文章を見て嫌でも覚えさせられた3つの強弱を示す単語があります。

modest(モデスト)・moderate(モデレート)・robust(ロウバスト)がその3つです。

modestは「控えめ・ちょっと」、moderateは「適度・穏やか」、robustは「がっしり・力強い」です。この3つ、ホントよく出てきます。強さの加減を示すものなので、

modest<moderate<robust

と順番に覚えておけば、前回公表された文書との比較にも役立ちます。例えば「景気はmodest」から「景気はmoderate」といった具体に表現が変われば、景気判断が「上方修正された」と考えることが可能です。Fed(Federal Reserve:米連銀)が出すベージュブックもこれらの言葉が判断の頼りになります。

「持ち直し」という表現の捉え方に注意が必要

11月8日に出たFOMC(Federal Open Market Committee:連邦公開市場委員会)声明文でもmoderateが出てきました。

設備投資の件に“moderated from its rapid pace”とあります。「速いペースから適度に(減速)」てなところです。rapid(ラピッド)は快速電車の名前にもあったように「速い」です。

FOMCでは、消費や経済活動そのもの等には「強い(strong)」という中学生単語を今回も使いました。全体が明確に強いのならば、利上げも継続です。このまま行けば12月18-19日開催のFOMCで0.25%の利上げが実施されるのではないでしょうか。

換言すれば、経済活動がmoderateになってきたら利上げ打ち止め、modestになれば「次は利下げかも」となってきます。

日本の経済指標に出て来る「持ち直し」もそうですけど、言葉の意味をそのまま捉えるより、強さの程度を示す表現として受け止めるのが適切です。あくまで私の感覚ですが、「持ち直し」とmoderateが同じような意味合いかと。

よく新聞記事や金融機関のレポート等にて、役所が出す「持ち直し」をそのまま「以前よりも改善している」という体で「設備稼働は持ち直した」と説明している文章を見掛けます。

しかし、それは間違い、少なくとも読者を誤解させる表現です。6ヶ月連続「持ち直し」が使われていて、毎回「改善している」という意味だったらそれは「持ち直し」じゃなくて「強い」はずです。6ヶ月連続「持ち直し」ということは、6ヶ月連続「まぁまぁ」という意味になります。

この誤解、何年も経済指標やレポートを追い続けているエコノミストほど気付かないものです。ご注意ください。

<今回のまとめ>

・FOMC、設備投資「moderated(穏やか)」になったと
・消費や景気そのものは「strong(強い)」ので、12月に利上げするのでは
・modest・moderate・robust、経済の強弱を示す単語として覚えておくと便利です

続きはご購読ください。初月無料です

<初月無料購読ですぐ読める! 11月配信済みバックナンバー>

  • モデスト・モデレート・ロウバスト(11/9)
  • カネ余りと財政悪化、いい勝負(11/8)
  • 予想がアテにならないならば(11/7)
  • ニュースアプリが怖くなりました(11/6)
  • 中間選挙の結果をみるよりも(11/5)
  • 街はクリスマス、米経済には陰り(11/2)
  • 日銀「下振れリスク」、国債「暴騰」リスク…(11/1)
  • いますぐ初月無料購読!


    ※本記事は有料メルマガ『高梨彰『しん・古今東西』』2018年11月1日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

    【関連】東日本大震災後の3月14日、オプション市場で起きていた「想定外」の事態=高梨彰

    <こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー>

    ※初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます(1ヶ月分:税込864円)。

    2018年10月配信分
    • トランプが株安をツイート(10/31)
    • 「追証を解消する方法」が届きました(10/30)
    • 投信販売強化の記事、銀行株買いの基準にも(10/29)
    • 「もっと」がしぼむ(10/26)
    • 「怖さ」を考えてみます(10/25)
    • 「〇×ショック」が出て来ない(10/24)
    • トランプの都知事化(10/23)
    • 海外観光客が示す円安基調(10/22)
    • 暗示に掛かり難い相場(10/19)
    • 恒常的なFedと市場との乖離(10/18)
    • 半値・61.8%戻しが飛び交う買戻し(10/17)
    • ロイター記事で気付く自然な相場への回帰(10/16)
    • ニヒルな日本金融市場(10/15)
    • 恐怖の源が見えてきた(10/12)
    • 米金利上昇が株下落に繋がり(10/11)
    • 「株と為替」だけじゃなく(10/10)
    • 賑わうところ、割を食うところ(10/9)
    • 決戦は金曜日(10/5)
    • 「久しぶり」の金利水準と市場の落ち着き(10/4)
    • 「10月がピーク」を示唆するあれこれ(10/3)
    • 市況における枕詞(10/2)
    • 二国間交渉発、株高行き(10/1)

    2018年10月のバックナンバーを購入する

    2018年9月配信分
    • 安倍総裁「圧勝」による「疑似」踏み上げへの期待(9/20)
    • 米国債の落ち着きに視点は移る(9/19)
    • 気が付けば踏み上げ(9/18)
    • 日経平均、「上抜けするなら今日でしょ」(9/14)
    • 新型iPhoneに思うこと(9/13)
    • 横綱の座が危うくみえる日銀(9/12)
    • 買って相場が上がったのに損が出る(9/11)
    • 早合点や希望的観測(9/10)
    • 「何時でもカツアゲ」対象の日本(9/7)
    • ご無事を願います(9/6)
    • 「強い」米経済、悪影響は「待つ」(9/5)
    • たまには算数でも(9/4)
    • 「やっちまった」と認めること(9/3)

    2018年9月のバックナンバーを購入する

    2018年8月配信分
    • 9月、一旦深呼吸(8/31)
    • トランプ発言に右往左往するよりも(8/30)
    • 大阪、魅力向上中(8/29)
    • 海外頼みとは言いたくないものの(8/28)
    • パウエル議長による、ルール変更のすすめ(8/27)
    • 「10周年」が増えて来る季節(8/24)
    • ビットコインETF、却下されました(8/23)
    • パウエル講演気になるものの(8/22)
    • 米石油、代替手段に埋蔵金(8/21)
    • イナゴばかりじゃ…(8/20)
    • ニジマスでもサーモン、50兆円でも80兆円(8/17)
    • 日銀は前場には動かないのでしょうか(8/16)
    • 情熱の薔薇を咲かせるには(8/15)
    • トルコ問題の調査でお困りの方に(8/14)
    • 日米通商協議というオバケ(8/13)
    • スタンドの涙踊りと旧態依然とした企業(8/10)
    • 何言っても合っている日本経済(8/9)
    • 米国債、15日の償還・利払い前に…(8/8)
    • 金価格高騰の国もありますが(8/7)
    • サマータイム、医療関連株でも物色しますか(8/6)
    • 突飛さだけではない、政治のリスク(8/3)
    • 不安な割に損が拡大しない「坊や」たち(8/2)
    • 「いいひと。」ネイサン(8/1)

    2018年8月のバックナンバーを購入する

    2018年7月配信分
    ・「曖昧過ぎる」日銀(7/31)
    ・「お客様は神様です」という弱点(7/30)
    ・第三の矢「ガイアツ」(7/27)
    ・FANGに振り回されるだけ(7/26)
    ・朝三暮四(7/25)
    ・「金利上げちゃダメ」により金利上昇(7/24)
    ・「黒田タンカー」(7/23)
    ・政治の緊張感欠如が生む酷い相場(7/20)
    ・官製相場の限界をみているのかも(7/19)
    ・貿易戦争でも利上げは続く(7/18)
    ・錯覚してしまいます(7/17)
    ・米国、服はお安く(7/13)
    ・「識者」と市場のズレ(7/12)
    ・過熱感とトランプ(7/11)
    ・買戻し一巡のサイン(7/10)
    ・自律反発でしょうか(7/9)
    ・原油高懸念が各方面から(7/6)
    ・「売れる投信は、売りやすいから」(7/5)
    ・6日までは我慢でしょうか(7/4)
    ・損切りを遅らせるだけ、日銀の株ETF買い(7/3)
    ・短観、慎重なのも仕方ないけど(7/2)
    2018年7月のバックナンバーを購入する

    2018年6月配信分
    ・もう梅雨明け(6/29)
    ・コスト転嫁の可否と国のB/S(6/28)
    ・下がり難くなる変動率(6/27)
    ・あみんじゃないのよハーレーは(6/26)
    ・日銀審議委員さま、銀行員研修を勧めます(6/25)
    ・心理悪化よりカネ余り(6/22)
    ・NYダウに制裁?(6/21)
    ・銀行強盗と仮想通貨のハッキング(6/20)
    ・想定通りのシナリオ、想定外の値動き(6/19)
    ・時間切れ、かも(6/18)
    ・ECB、市場に「僕は嫌だ」とは言わせない(6/15)
    ・Fedとドルと30年債(6/14)
    ・解像度の進歩に驚く米朝首脳会談(6/13)
    ・米朝首脳会談、何に期待しますか(6/12)
    ・何処でも元気にツイートです(6/11)
    ・投資家、債券知るべし(6/8)
    ・「骨太の方針」と国債(6/7)
    ・相場も梅雨入り(6/6)
    ・いつになったら海外投資家は(6/5)
    ・トランプ好みのデータと市場(6/4)
    ・豊洲の画像と売り仕掛け(6/1)
    2018年6月のバックナンバーを購入する

    2018年5月配信分
    ・芸能人とIT企業社長のゴシップと市場(5/31)
    ・100万円の2年定期、いきなり「97万円でーす」(5/30)
    ・歴史は長めに(5/29)
    ・新興国、インフレ・財政・政治の安定(5/28)
    ・「金妻」と『バブルへGO』(5/25)
    ・関学QBに#metoo(5/24)
    ・ビットコインとポテト(5/23)
    ・株の参考に2組の金利(5/22)
    ・人民日報英語版の勧め(5/21)
    ・「マルキュー」、どう発音しますか(5/18)
    ・同じ相場でも異なる表現(5/17)
    ・GDP、どうやって好景気を実感しろと(5/16)
    ・地政学リスクが株価を支える(5/15)
    ・北朝鮮の潜在的な力って…(5/14)
    ・久しぶりの(5/11)
    ・安倍さん三選、株買いですか(5/10)
    ・ヘッジファンド盛り返し(5/9)
    ・ガソリンスタンドの看板を気にする(5/8)
    ・誤解に対する誤解(5/7)
    ・米製造業に陰り(5/2)
    ・瀬戸内捕物帳に思う(5/1)
    2018年5月のバックナンバーを購入する

    2018年4月配信分
    ・求む「嘘のプロ」(4/27)
    ・新入社員の傾向今昔(4/26)
    ・「鉄人」不在(4/25)
    ・ドル買戻し「もういっかい」(4/24)
    ・ムーンウォークな動き(4/23)
    ・CPIで「営業トーク」(4/20)
    ・原油は買われ、逆イールドが視野に(4/19)
    ・バーバラさんからの贈り物(4/18)
    ・マラソンも政治経済も市場も(4/17)
    ・等加速度運動に置いてけぼり(4/16)
    ・ロシアにケチ付け、ロシアを利する(4/13)
    ・チョッピーな動きに評価損増えやすく(4/12)
    ・政治の停滞が市場価格に反映されつつ(4/11)
    ・習近平に見せつけられる(4/10)
    ・目先の値動き、大人しくなるのでは(4/9)
    ・トランプと半沢直樹との違い(4/6)
    ・報復関税と豚さん(4/5)
    ・強で売って甘で買う(4/4)
    ・株安と支持率上昇(4/3)
    ・インバウンド需要も一極集中(4/2)
    2018年4月のバックナンバーを購入する

    2018年3月配信分
    ・転換点は来月半ば以降でしょうか(3/30)
    ・スローパンクチャーな昨日今日(3/29)
    ・検索しても日本が出てきません(3/28)
    ・証人喚問、警戒すべきは…(3/27)
    ・アフリカンシンフォニーも良いけれど(3/26)
    ・「理論値」には大らかに(3/23)
    ・FOMCへの複雑な反応(3/22)
    ・金利、3つの要素(3/20)
    ・1,000兆円の根雪(3/19)
    ・アベさんのいない世界(3/16)
    ・財務省の強かな管理、なのに…(3/15)
    ・クビ差アタマ差、爪噛む相場(3/14)
    ・扱いが小さい日本(3/13)
    ・森友問題とアベノミクスの因果関係(3/12)
    ・アベクロよりアバクロ(3/9)
    ・処分売り、峠を越したのでは(3/8)
    ・ニュースよりチャート(3/7)
    ・切らされるばかり(3/6)
    ・円高エイリアン(3/5)
    ・決算対策の季節(3/2)
    ・黒田総裁のやる気度(3/1)
    2018年3月のバックナンバーを購入する

    【関連】没落する日本経済にジム・ロジャーズが警告「被害者になる若者は世界に逃げろ」=俣野成敏

    【関連】ソロスが狙う次の通貨危機。養分になるのが嫌なら「タイ株」を刮目して見よ=鈴木傾城

    【関連】ただの食い物屋になってしまった「鳥貴族」、客数と株価を落とした戦略ミスとは?=山田健彦

    高梨彰『しん・古今東西』』(2018年11月9日号)より一部抜粋
    ※太字はMONEY VOICE編集部による

    初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

    高梨彰『しん・古今東西』

    [月額864円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)]
    チーフストラテジストとして、年200回ほど発行していたメルマガ『古今東西』が、『しん・古今東西』としてここにリニューアル。株・債券・為替などの金融市場全般から、マクロ経済、市場心理など、「これ何?」なことを徒然なるままにお伝えします。四方山話も合わせ気軽に読めて、しかも相場を「自分で判断出来る」ようになるメルマガです。是非一度お試し下さい。

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう

    MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

    この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

    ついでに読みたい