fbpx

日経平均は反発、216円高の2万773円。米株高を好感も円高で伸び悩む(1/31)=証券市場新聞

きょうの日経平均株価終値は前日比216円95銭高の2万773円49銭。米株高が安心材料となって一時300円高となる場面も見られた。(証券市場新聞 公式有料メールマガジン』)

31日の東京市場は反発、日経平均は前日比216円95銭高

米株高が安心材料に

31日大引けの東京市場は反発、日経平均は前日比216円95銭高の2万773円49銭で引けた。

日経平均株価終値 日足(SBI証券提供)

日経平均株価終値 日足(SBI証券提供)

FOMCの結果を受けてNYダウが434ドル超の大幅高となったことを好感、1ドル108円台まで円高が進んでいることから買い一巡後は伸び悩んだが、後場から若干強含みで推移した。

米ドル/円 日足(SBI証券提供

米ドル/円 日足(SBI証券提供

個別ではVコマースとソフトブレーン、デサントがストップ高、アンリツ、横河ブHD、アバントは値上がり率上位に買われ、任天堂やアドバンテストも高い。

デサント<8114> 日足(SBI証券提供)

デサント<8114> 日足(SBI証券提供)

半面、大日住薬、未来工業、サイバーエージェント、マンダム、神栄は値下がり率上位に売られた。

サイバーエージェント<4751> 日足(SBI証券提供)

サイバーエージェント<4751> 日足(SBI証券提供)

続きはご購読ください。初月無料です


※本記事は有料メルマガ『証券市場新聞 公式有料メールマガジン』2019年1月31日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】バフェットだって最初は初心者。誰でも資産家への一歩を踏み出せる5ステップとは?=栫井駿介

【関連】少子高齢化で日本は生涯現役「強制」社会へ、死ぬまで働く私達が幸せになる唯一の方法は?=鈴木傾城

【関連】なぜ先進国で日本だけ?サラリーマンの給料が20年間も下がり続けるワケ=大村大次郎

証券市場新聞 公式有料メールマガジン』(2019年1月31日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

証券市場新聞 公式有料メールマガジン

[月額3,780円(税込) 毎週月・火・水・木・金曜日(祝祭日・年末年始を除く)今月5/20回(最終2017/04/12)]
タブレッドやスマホで購読できる証券専門紙「証券市場新聞」を発行しております。平日の毎日、新聞では紹介できない特別な情報をメールマガジンで配信していきます。

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい