fbpx

11月の3連休明けは株高/ジブリ1回1000円安~おもしろアノマリー15選=櫻井英明

郵政3社が上場した11/4の株価上昇がみごと的中した、『兜町カタリスト』櫻井英明さんのアノマリーシリーズ。今回は、この夏、1回放映あたり日経平均株価を1000円押し下げた(?)「ジブリの法則」から、ちょっとマイナーなジンクスまで、市場において明確な根拠はないものの良く当たるとされる経験則の数々をご紹介します。

当たるも八卦、当たらぬも八卦~おもしろアノマリー15選

1回放映で1000円安。まだまだ恐るべき「ジブリの法則」

アノマリーを振り返ってみると、今年は意外と「スタジオジブリ」のアノマリーが効いていた。8月末の日刊ゲンダイの取材にこう答えている。

「上昇相場ではほとんど無視されていた材料に目が向いています。“ジブリの法則”も復活しました」(株式アナリストの櫻井英明氏)

この「ジブリの法則」とは、テレビ(地上波)でスタジオジブリの映画が放送されると、翌営業日の株価が大荒れになるというジンクスだ。

8月21日(金)に『おもひでぽろぽろ』が放送され、週明け24日の日経平均は895円安と大幅下落。8月28日(金)もジブリ作品の『平成狸合戦ぽんぽこ』が流され、翌営業日は245円安だった。

当時のメルマガにはこう書いていた。

先々週(8月14日)の『火垂るの墓』は気にならなかったが、先週(8月21日)の『おもひでぽろぽろ』はそれこそ「株価ボロボロ」。来週(8月28日)は『平成狸合戦ぽんぽこ』。タヌキの化かし合いのような市場の象徴になるのかも知れない。8月24日の日経平均株価は895円安の18540円と5日続落――

結局、8月14日の20519円→8月28日には19136円。9月8日には17427円→9月29日16930円と、3589円の下落の端緒は『火垂るの墓』だった。

1回放映で1000円安とすれば3回放映で3000円安と計算は合う。「実はまだまだ恐るべし」スタジオジブリのアノマリーが検証されてしまったことになる。

次ページでは、有名なものからマイナーなものまで、興味深いアノマリーをご紹介する。

Next: フィットネス人気は株高、英会話人気は株安?アノマリーいろいろ

1 2 3

無料メルマガ好評配信中

「兜町カタリスト」

[無料 ほぼ 平日刊]
個人投資家のみならず、マーケットのプロからも注目を集めてきたメルマガ櫻井英明責任編集「兜町カタリスト」。前場・後場の1日2回無料配信。マーケットのど真ん中からとっておきの情報を発信します。カタリストとは英語で「触媒」のこと。マーケットの動きを的確に知る触媒として、新たな情報ソースとして、ぜひご活用ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい