fbpx

知らないと大損!会社員でも「確定申告で税金が戻る」5つのケースと注意点【2019年版】=川畑明美

来年こそ得するために、今年やるべきこと

来年こそ節税するぞ!と思ったならば、2019年度税制改正を把握しておくべきです。

2019年は、消費税10%への増税対策として、税の影響が大きい自動車住宅の減税に重点が置かれています。

自動車を所有している方が、支払う自動車税(地方税)について、消費税率10%引き上げ後に新車新規登録する自家用車を対象に、排気量に応じて最大4,500円減税されることになります。排気量ごとの減税額が違うので調べてから購入してくださいね。

また現在は、住宅ローン減税を受けることができるのは10年間ですが、消費税増税後に取得した住宅については、13年間控除を受けられるようになります。

大きなお金がかかるモノを購入する税金が減税されるだけなのか…なんて、思わないでくださいね。国が使えるお金は、税金でまかなっています。

国が使うお金というのは、「安心」とか「安全」とか「便利」などの日々の暮らしに還元していくものです。モノを買ったら税金を払う、投資をして利益がでたら税金を払う。お金を貯め込むのではなく、投資でお金を回すことで、お金は働き、お金が動くと「税金」が発生して、国が使えるお金が増えるのです。

預貯金などにお金を貯め込んでいる人や企業が多いから、国が使えるお金が十分になくて、足りない部分を「赤字国債」として借金をしているのです。それって、なんだか変だと、思いませんか?

家計に投資を取り入れると人生が変わりますよ!

【関連】海外メディアも「日本の統計は40%フェイク」と報道、日銀の対応次第で日本経済は崩壊へ=今市太郎

【関連】消費増税、3月までに中止発表か。統計不正を払拭する「ダブル選挙」解散の大義に使われる=斎藤満

【関連】レオパレス、施工不良でぎりぎり成り立つずさん経営。大家さんはどうすれば救われるのか?=姫野秀喜

1 2 3 4

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2019年2月17日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

教育貧困にならないために

[無料 ほぼ日刊]
人生で二番目に大きな買い物は、子どもの教育費。教育費を意識して貯蓄していますか?「実はコレだけ必要です」から、「学資保険でまかなえるのか?」「目減りしない資産管理」「我慢しない節約」「ゼロから稼ぐ方法」までを調べて実践したことを紹介しています。教育ローンに頼らず、老後資金も確保できる教育費の貯め方を伝授します。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい