fbpx

ベネズエラを戦禍に巻き込むトランプ政権の思惑が判明、米ロ中の覇権争いでシリア化へ=高島康司

混乱の渦にあるベネズエラは、米中ロの覇権争いからシリア化する可能性さえ出てきた。なぜトランプ政権は執拗に手出しするのか、その裏側が見えてきたので解説する。(『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』高島康司)

※本記事は有料メルマガ『未来を見る! 『ヤスの備忘録』連動メルマガ』2019年2月22日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

「中国の拡大阻止」「ロシア軍基地の建設阻止」だけじゃなかった

ベネズエラがシリア化する可能性

今回でベネズエラに関する記事は3回目になるが、これからかなりの混乱になり、下手をするとシリア化する可能性も否定できないので、今回もベネズエラ情勢について書くことにした。日本ではまったく報道されていない内容なので、重要ではないかと思う。

【関連】日本では報道されない南米ベネズエラの惨状、100万%超えのインフレで国民150万人が脱出へ=高島康司

ベネズエラの混迷が一層深まっている。2月16日、米トランプ政権ベネズエラ国民に支援物資を届けるため、隣国コロンビアに初めて軍用機を送った。支援物資には、石けんや歯ブラシ、栄養食品が含まれている。

暫定大統領就任を宣言した野党指導者フアン・グアイド国会議長は16日、米国による人道支援物資搬入を手伝うために数十万人規模のボランティアを来週動員すると発表した。20日現在ですでに70万人を越えるボランティアが集まっている。

一方、トランプ米大統領は18日、ベネズエラのマドゥロ大統領を依然として支持する軍の関係者に対し、自身の将来や命を危険にさらしていると警告し、人道支援物資を受け入れるよう求めた。

トランプ氏はベネズエラやキューバからの移民らを前に演説し、ベネズエラ軍に対し、マドゥロ大統領を支持し続ければ「避難先を見つけられなくなくなり、容易に抜け出すことはできず、逃げ場はなくなる。全てを失う」と警告した。トランプ政権は5,000名規模の米軍部隊をコロンビアに展開する用意があるとしている。

このようにいまベネズエラは、軍の支持があるマドゥロ政権と、同大統領の退陣を迫るトランプ政権が対立し、武力衝突も否定できない一触即発の危険な状態になりつつある。

ロシア軍基地の建設と中国の進出

ベネズエラの人道危機を口実として、トランプ政権は軍の介入までちらつかせながら、ベネズエラ情勢への関与を強めつつある。

もしマドゥロ大統領があくまで退陣を拒否し、またベネズエラ軍のマドゥロ支持が揺るがなければ、同政権を崩壊させるためにアメリカが軍事介入するという事態も想定されないわけではない。

前の2回の当メルマガ記事では、トランプ政権がベネズエラへの関与を深める理由として、

  1. カリブ海のベネズエラ領、ラ・オルチラ島のロシア軍基地の建設阻止
  2. 中南米に進出する中国の拡大阻止

という2つの理由があるとしてきた。それを詳しく解説してきた。

しかしながら、最近になって複数の信頼できるジャーナリストの調査から、さらに重要な理由が明らかになった。もちろん先の2つの理由はトランプ政権のベネズエラ関与の重要な理由であることは間違いないものの、これとは異なるさらなる背景がある。

Next: トランプ政権がベネズエラに手出しする「重要な理由」とは?

1 2 3 4 5

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい