fbpx

この世界的株高はどこまで続く?3月相場に向けた日経平均とドル円相場の行方とは=馬渕治好

日本からの輸出が足元で大きく下落

【今週の一枚】

gazou

日本からの輸出の伸びが、足元で大きく落ちてきている。2/20(水)に公表された1月分の統計では、輸出数量も金額も前年比マイナスだった。金額では2か月連続、数量では3か月連続のマイナスで、かつマイナス幅は月々拡大している。

こうした落ち込みの度合いは、図で見ると、2016年前半を想起させるような動きだ。とすれば、2015年後半から2016年前半にかけてのような株価下落が生じてもおかしくないが、足元の相場はこうした実態面の悪化を軽視し、堅調に動いている。これはかえってこの先の株価下落を一段と厳しいものにしてしまうと、懸念せざるを得ない。

続きはご購読ください。初月無料です

※ もうひとつのメルマガ『馬渕治好の週次メモ「時の花」』も好評配信中。毎週の日経平均株価と米ドル円相場の見通しを、数値を挙げて解説します。前週の見通しと実際の相場を比較し、予想が当たったか外れたかがわかるようになっています。注目される図表を取り上げる「今週の一枚」のコーナーも。登録初月(登録日から月末まで)は無料で読めますので、ぜひお試し購読をどうぞ。


※本記事は有料メルマガ『馬渕治好の週次メモ「時の花」』2019年2月25日号の一部抜粋です。毎週いち早く馬渕氏の解説をご覧いただくには、今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。本記事で割愛した項目もすぐ読めます。

【関連】本業だけでは貧困生活へ…自分だけがラクに稼げる「副業」を見つける方法=俣野成敏

【関連】道端の1セントを拾うビル・ゲイツと、拾わない貧困層。それこそが格差の起源だ=鈴木傾城

【関連】ベネズエラを戦禍に巻き込むトランプ政権の思惑が判明、米ロ中の覇権争いでシリア化へ=高島康司

1 2

馬渕治好の週次メモ「時の花」』(2019年2月25日号)より一部抜粋
※太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

馬渕治好の週刊「世界経済・市場花だより」

[月額1,650円(税込) 毎週日曜日(年末年始を除く)]
最新の世界経済・市場動向をさぐる「ブーケ・ド・フルーレット」(略称:Bdフルーレット)。この代表である馬渕治好が、めまぐるしく変化する世界の経済や市場の動きなどについて、高水準の分析を、わかりやすく解説します。馬渕が登場するTVや新聞・雑誌コラムなどと合わせて、当メールマガジンも是非ご覧ください。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー