fbpx

ミニストップ、レジ袋有料化実験へ。なぜ世界は急速に脱プラスチックに動いたのか

化学メーカーもアンチプラスチックへ

ここまでお話した流れで、プラスチック“創出”企業である化学メーカーも無傷ではいられないことは想像できます。

化学メーカーは、今後、自然界への排出削減など、何らかの対策費をコストに計上しておけなければならない局面にきているとも言えます。

そんな中で、放っておけば土に還る「生分解性プラスチック」を製造できるメーカーが注目されています。

三菱ケミカルカネカです。

カネカは、欧州での採用を増やしていて、さらに今年4月には、セブン&アイ・ホールディングス(HD)と資生堂というビッグネームと、100%植物由来の生分解性プラスチック「カネカ生分解性ポリマーPHBH」を用いた製品の共同開発を立て続けに発表しています。

報道によれば、セブン&アイ・HDとは、セブン-イレブンの大ヒット商品「セブンカフェ」のストローへの導入から始め、カトラリーやレジ袋への使用も検討する予定で、資生堂とは、化粧品の容器、用具、包装資材、什器などでの展開を検討するとのことです。

「カネカ生分解性ポリマーPHBH」は、土中のみならず、海水中でも分解するとのお墨付きを欧州(ベルギー)の代表的な認証機関から取得しているようです。

生分解性プラスチックは2000年ごろから環境負荷を低減する新素材として話題にはなっていて、2005年に愛知県で開催された「愛・地球博」のカトラリー(食卓用のナイフ、フォーク、スプーンなど)にも採用されていました。

<普及には高いハードルがある…>

ただ普及には課題もあります。それは「価格」です。

生分解性プラスチックは既存の汎用プラスチックに比べて高く、コーヒーショップのストローでいうと、10~20倍にまで跳ね上がるといわれています。

今後、製造過程におけるコスト削減がどれだけ進むかが問われるのでしょう。日本の技術が海洋プラスチック問題を解決することができるのかどうかが鍵となっています。

地球にやさしい企業が世界を救う、それが日本企業であることを期待したいです。

IT分野において、大きく後れをとった日本企業が世界に勝てるヒントが、ここにあるのかもしれませんね。

続きはご購読ください。初月無料です

【関連】韓国経済に致命傷。輸出規制は反日の報復ではなく、北朝鮮への「横流し」対策だった

今週の重要指標&予定

わかりやすい経済のはなし

いま話題のニュースの裏側

1億円”への道 ~ 絶対に“億り人”になる!!

マーケット状況を考えよう(テクニカル分析・需給把握)

よもやま話~近況

※これらの項目は有料メルマガ購読者限定コンテンツです →いますぐ初月無料購読!

<初月無料購読ですぐ読める! 7月配信済みバックナンバー>

※2019年7月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

・米雇用統計結果が強いことを受けて/米国における「オピオイド危機」深刻(7/8)
・G20&米中会談の次は「米国vs欧州」「米国vs日本」/ダイナミック‐プライシングほか(7/1)
いますぐ初月無料購読!

image by:Ned Snowman / Shutterstock.com

※本記事は、らぽーる・マガジン 2019年6月24日号の一部抜粋です。ご興味を持たれた方はぜひこの機会に今月分すべて無料のお試し購読をどうぞ。

【関連】嫌われ者のYahoo!スコア、ついに始動。LINEまでスコア事業参入で日本は信用格差社会へ=岩田昭男

【関連】損保ジャパン4000人削減で最悪の労働搾取モデルが完成。業務自動化で年収250万減へ=今市太郎

1 2 3 4 5 6 7 8 9

らぽーる・マガジン』(2019年6月24日号)より一部抜粋
※タイトル、本文見出し、太字はMONEY VOICE編集部による

初月無料お試し購読OK!有料メルマガ好評配信中

らぽーる・マガジン

[月額330円(税込) 毎週月曜日]
絶対に知るべき重要な情報なのに、テレビなどが取り上げないことで広く知らされていないニュースを掘り起こし、また、報道されてはいるけどその本質がきちんと伝わっていない情報も検証していきます。情報誌は二部構成、一部はマーケット情報、マーケットの裏側で何が動いているのかを検証。二部では、政治や時事問題、いま足元で何が起こっているのかを掘り下げていきます。“脱”情報弱者を求める人、今よりさらに情報リテラシーを高めたい人はぜひお読みください。CFP®資格の投資ジャーナリストが、毎週月曜日にお届けします。

いま読まれてます

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー