fbpx

なぜ大戸屋は男性客を裏切った?赤字転落の元凶は値上げ・バイトテロより深刻な戦略ミス=栫井駿介

「お家騒動」はコロワイドの登場で第2章へ…

「お家騒動」には続きがあります。

2019年10月、三枝子氏と智仁氏は保有株を全株売却し、完全に大戸屋の経営から姿を消しました

代わりに筆頭株主として登場したのが、「甘太郎」「かっぱ寿司」「牛角」などを運営するコロワイド<7616>です。そう、創業家はここに株式を売却したのです。売却額は30億円程度とみられます。

コロワイドと言えば、飲食関連企業を次々に買収して大きくなってきた企業です。20%弱の株式を握った大戸屋に対しても買収をほのめかす発言をしています。
※参考:コロワイド社長、大戸屋HDの買収視野に – 日本経済新聞(2019年11月15日配信)

20%の株式を握っただけではできることは限られますから、大戸屋を買収する可能性はかなり高いと言えるでしょう。これを受けて、株価は一時急騰する場面がありました。

コロワイド<7616> 日足(SBI証券提供)

コロワイド<7616> 日足(SBI証券提供)

もし買収されることがあれば、現経営陣は退陣を迫られるか、そうでなくてもこれまでのように好き勝手できなくなるでしょう。一度は「勝った」ように見えたお家騒動も、まだまだエピローグが続きそうです。

もっとも、このまま経営を続けてもうまくいく気配もありませんから、ここでコロワイドに買収されるのは必然の流れのように見えます。

一顧客としては、お腹が空いて駆け込んだ時のあの大戸屋に戻って欲しいと願うばかりです。顧客や現場を無視した企業の発展はありえないのですから。


つばめ投資顧問は、本格的に長期投資に取り組みたいあなたに役立つ情報を発信しています。まずは無料メールマガジンにご登録ください。

※上記は企業業績等一般的な情報提供を目的とするものであり、金融商品への投資や金融サービスの購入を勧誘するものではありません。上記に基づく行動により発生したいかなる損失についても、当社は一切の責任を負いかねます。内容には正確性を期しておりますが、それを保証するものではありませんので、取扱いには十分留意してください。

【関連】セブンイレブン、業績好調なのに大量閉店の闇~月収26万円で疲弊するオーナーたち=栫井駿介

【関連】しまむら、客離れ加速で業績悪化。ユニクロを目指して主婦に嫌われる大失策=栫井駿介

【関連】ミニストップ、193店閉店で経営悪化が止まらない。もう取り返せない4つのしくじり=栫井駿介

【関連】なぜバフェットは下げ相場で買うのか?暴落が楽しみになる「Buy the Dip」の極意=栫井駿介

1 2 3 4

本記事は『マネーボイス』のための書き下ろしです(2019年11月27日)
※太字はMONEY VOICE編集部による

無料メルマガ好評配信中

バリュー株投資家の見方|つばめ投資顧問

[無料 ほぼ 平日刊]
【毎日少し賢くなる投資情報】長期投資の王道であるバリュー株投資家の視点から、ニュースの解説や銘柄分析、投資情報を発信します。<筆者紹介>栫井駿介(かこいしゅんすけ)。東京大学経済学部卒業、海外MBA修了。大手証券会社に勤務した後、つばめ投資顧問を設立。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー