fbpx

未来の貧困女子?人生に希望が感じられない…年収200万円、40代目前の独身女性の悩み=山本昌義

40歳目前の独身女性から、婚活や人生についてお話をいただきました。今回は、アラフォー独身女性の婚活や人生について少し建設的な考え方をお伝えします。(『婚活FP山本の実例分析書 ~運命の出会い、その先を見据えて~』山本昌義)

プロフィール:山本昌義(やまもと まさよし)
山本FPオフィス代表、CFP。商品先物会社、税理士事務所、生命保険会社を経て2008年に山本FPオフィスを設立。現在は「婚活FP」を名乗り、婚活パーティ等を企画しながら婚活中の方、あるいは結婚直後の方など比較的若年層の精神面・経済面双方の相談業務をメインにこなす。中立性の確保の点から、一切の商品・代理店は扱っていない。

マイナス思考を変化させて、人生に希望を持つ方法

恋人や結婚にこだわらず、まずは孤立しない努力を

今回は40歳目前の独身女性から、婚活や人生についてお話をいただきました。「人生に一切の希望が感じられない…。どうしたら?」

仕事はバイトで年収200万円。出会いもナシ。親とも折り合いが悪くて頼れないばかりか今ではほぼ誰とも連絡すらしていないとのこと。

聖夜が近づいて感傷的になったようですね…。年末のタイミングで何ともですが、何とか活力を取り戻していただきたいところです。

今回は、アラフォー独身女性の婚活や人生について少し建設的な考え方をお伝えします。

さて、まずは基本ですが『恋人や結婚はともかく孤独・孤立だけはダメ』最初に独りぼっちを脱却しましょう。

というのも、マイナス思考の時の独りぼっちはさらにマイナス思考が深まりがちですからね。今は別種の引きこもり状態とさえいえます。

それに自分でどうにもならない状況の脱却方法は「誰かに助けてもらう」が基本です。

幸いにも、現代はSNSで友人探しも簡単ですし、あなたに似た状況の同年代女性も沢山います。誰かとの繋がりさえあれば、もしかしたら更なる繋がりや異性の紹介もあるかもしれません。

それが「最低限の希望」になりえるでしょう!

そして、そのためにも…今のうつ病のようなマイナス言動を控えましょう。少しずつでも控える訓練が必要かと。マイナスな言動は周囲に悪影響を与えます。たまにならともかく、いつもだと周囲もキツく感じて離れていくのが自然です。

今は負のスパイラル状態といえます。まずは、これ以上の環境の悪化を控えるために言動を訓練しつつ友人探しをしましょう!

さて、並行的に大切なことなのですが『仕事上の目標という希望を作る』ということについても、少しずつ考えていきましょう。

Next: 希望を持てるようになるためには、なにをしたらいいの?

1 2

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

MONEY VOICEの最新情報をお届けします。

この記事が気に入ったらTwitterでMONEY VOICEをフォロー

ついでに読みたい